So-net無料ブログ作成
検索選択

男体山と日光白根山(2005.11.13) [登山の記録]

2005年11月13日、秋晴れの中、向かうは男体山と日光白根山です。

積雪がちょっと心配でしたが、何とかなりました。


 今日は二つの山に登るので、一つ目の男体山は6:00に登りだそうと心に決めて車を走らせました。
 東北道そして有料道路を降りていろは坂。道はガラガラで対向車も無くこえぇ。中禅寺湖を過ぎ、三本松を右折して林道に入ります。すこしづつ明るくなる気配はあるもののまだ真っ暗。

 すると、林道の真ん中にバカでかい鹿。さらにこえぇ!!車が近づいても逃げないんです。仕方なくクラクションをならすと退いてくれました。



<行程>  
2005/11/13
==男体山==
志津峠登山口 6:10 
山頂 7:50-8:00
志津峠登山口帰着 9:00(多分)

==日光白根山==
菅沼登山口 9:45(多分)
山頂 12:35-40
菅沼登山口帰着 14:00(多分)

<内容>
 そんなこんなで、明るくなりゆく林道を進み登山口へ着きます。車も停まっていてテントも張られていました。
 支度を整えて6:10登山開始。



 徒歩5分で避難小屋。ここを過ぎると早速急登が始まります。しっかりと雪の踏み固められたトレースです。樹林帯の中をぐんぐん高度を上げて行きます。
 まずは一つ目の山という事で、急ぎめに登ったつもりですが、あっさりと途中で単独行のおじさんに抜かれました(^-^;)
 稜線がはっきりしてくるとともに展望も良くなってきます。今日も快晴!!
 8合目を過ぎ山頂直前でおじさんに追いつきました。このあたりは雪が深く膝くらいでしたかね。しっかりしたトレースでしたが。山頂まで1時間40分でした。
 おじさんに写真を撮ってもらいました。

* * *

 山頂で10分ほど小休止。下山を開始します。さすがにこの時間だと登ってくる人が多いですね。
登ってくる人に早いですねぇ、と声をかけられます。そうは言っても今日の行程の半分はまだ終わってないのさ。
 避難小屋脇のお地蔵さんには山行の無事を祈りつつ多めにお賽銭(正面の登山口を使っていたら払うはずだった入山料代わりに)。
 登山口についても、登山の準備中の人がたくさんいました。
 車に乗り込んで菅沼登山口に向かいます。
 で、車のエンジンをかけると、ここのところ不調だったナビの画面が出てきません。完全に壊れた模様。。。。。
 ま、大体の道は判るので先に進む。
 白根山の登山口には売店とか食堂があって普通の観光客で賑わっています。雪も積もっていて駐車場ではスタックしてる車がいたり。
軽く食事をとって、2度目の出発!!!
 この時間では、もうみんな出発してるみたいです。人があまりいません。沢沿いに進み右手の山腹に取り付いた辺りから積雪。男体山より多いですね。道の両脇の木々につもった雪がとてもきれいです。クネクネと樹林の中を高度を上げて行きます。
 誰にも会わぬまま、弥陀ヶ池に到着しました。ここで休憩する人たち数パーティー。山頂までは急登が続く上、強風との事。ヤッケ着てスパッツはいてアイゼン装着します。

 山頂手前の急登はこんな感じ。 けっこう急で怖かったです。樹木がないので高度感がありますね。途中で休む気にもなれないので一気に登りますが、疲れます。


 やっとこさ、山頂です。岩峰となっているので360度の大展望。ん〜すてき。
山頂にいた単独行のおにーさんに写真を撮ってもらいました。ほんで燧ヶ岳や至仏山がどれかを教えてもらいました。思ったより低く見えるのだなぁ。もっとも白根山の方が標高高いしね。
ほんで下山です。別コースをとらず登りにとった急登を下ります。トレースをはずしてキックステップガンガン下ると快適。
 弥陀ヶ池手前で尻セード。弥陀ヶ池でアイゼン外して更に下ります。
樹林帯のクネクネ道も積雪を利用してショートカットしつつ順調に下れました。
 登山口に到着して妻に下山の報告をしたかったのですが、携帯は圏外、公衆電話もないとのこと。
 ちなみに来週からはここまでの道も通行止めになるそうです。


 帰りは沼田から関越経由で帰ります。120号が渋滞していたので、薗原湖抜けて帰ろうとして失敗。
 カーナビ壊れてるので自分のカンに頼った結果です。それでも迷い込んだ道の途中、穴原という集落の近くに紅葉のナイスポイントを発見。地元の人も写真撮りに来てました。穴場だそうです。
山行3ヶ月後の2月に書いてるので記憶が割と曖昧です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。