So-net無料ブログ作成

丹沢山(2005.12.18) [登山の記録]

平成17年12月18日、丹沢山へ行ってきました。
 この週末は、四阿山か蓼科山あたりに行こうと考えておりましたが、この冬一番の大寒波がやってくるということで、丹沢山に変更しました。
 案の定、風は強めでしたが冬型の気圧配置のおかげか丹沢からの展望はすばらしかったです。

 丹沢山域で最も高いのは蛭ガ岳ですが、丹沢山でも百名山にカウントするのはアリみたいなので、最短コースから丹沢山までの往復としました。
 

<行程>  
2005/12/18
登山口(塩水橋) 6:10 
堂平(林道終点) 7:10
天王寺尾根 7:55
丹沢山頂  8:25-8:45
登山口帰着 10:10


<内容>

 登山口です。夜明け後に到着する予定が6時前には到着してしまいました。真っ暗で、百名山なのに一台の先着車も無く、ハイパーチキンハートな私には耐えられない心細さ。
 走り屋が屯ってる辺りで夜が明けるのを待とうかなと宮が瀬方面へ戻りかけたところ、登山者らしき車とすれ違ったので、塩水橋に再度Uターン。林道脇に停まった車のすぐ近くに駐車しました。
 先に駐めた車の方が出発したので意を決して私も出発します。
 塩水橋からは二つのルートがありますが、まだ暗いのでビビリな私は天王寺尾根を詰めてゆくルートではなく、沢沿いに林道を2時間弱ほどかけて詰めてゆくルートを行くことにしました。
 手持ちの昭文社の地図(・・・1992年版)では林道終点の堂平まで車道を充実にクネクネと、2時間弱のコースタイムになりますが、実際には、途中からショートカットの登山道があり急登をがんばれば約1時間で堂平に到着します。
 堂平でいったん林道を横切って登山道を進みます。緩やかな林間の道を10分ほど進むと沢を堰堤上で横切り、右岸の山腹を稜線目指して登ることになります。この日はこの堰堤あたりから雪が着いていました。やはり丹沢あたりじゃこの週末も雪は降らなかったらしく、スパッツを使うほどの深さもなければも凍結もしておらず割と歩きやすかったです。
  


 堂平から約50分弱で天王寺尾根に到着です。稜線上は雪が少なめでした。
この山腹の登りで先行していた方に追いつきましたが、地元の厚木の方で蛭ガ岳まで行くとの事でした。なかなかダンディなおじさんでした。長年、山をやってると若々しくいられるのでしょうか、かくありたい。



↑丹沢山からの富士山です。
 天王寺尾根に出てからは、ヤセ尾根を通過し、木階段を登れば30分で丹沢山につきます。
 画像はデジカメでズームしたものですが、肉眼で見た印象としては、まさにこのくらいの迫力で見えました。

ズームしないと↑この位の大きさです。  
 風は強くかなり冷たいのですが、結構頑張って登ったので体も暖かくなっていたし、ここまで水を一滴も飲まなかったので、山小屋でビールを買って飲みました。みやま山荘はログハウス調で中も新しく一度泊まってみたいです。トイレもきれいだったし、妻もここならよろこぶのではないだろか。
 思いのほか早く山頂についたので、どうせなら急いで降りて早めに帰宅しようと往路をそのまま降りることにしました。



 で、林道終点の堂平です。ここから登りに取ったショートカットの登山道を降りようとしましたが、下り口を示す指導標が見当たりませんでした(登り口は指導標がありました)。私のようにこのコースを往復すれば問題ありませんが、塩水橋からずっと天王寺尾根を登ってきた人や他のルートから来た人には判らないと思います。
 画像の国交省雨量局の小屋の右横から下る登山道が近道です。



 登山道を下り林道に出て歩いて行くと、シカが2頭、道と沢を横切って対岸へ駈けて行きました。 
 ヤックルもビックリの早さでした。
 で、登山口までかなり近いところで、薮音に気づきふと見ると画像のカモシカがいました。 こちらが気づいても全く動じません。シシ神様みたいにこちらをずっとみていて、しばらくの間、お互い見つめ合っていました。
丹沢って結構動物がいるんだなぁ。


で、10時くらいに車まで戻って、今回は無事おしマイケル。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。