So-net無料ブログ作成
検索選択

蓼科山・山ボード?(2006.1.29) [山ボード]

平成18年1月29日。蓼科山に行ってきました。

 高気圧に覆われE天気!!今回は女神茶屋登山口からの往復コースを行きました。

 現地までは妻の友人と私たち夫婦で出かけました。妻と友人にはピラタス蓼科スノーリゾートで滑ってもらって、その間に私は単独で登山を敢行した次第であります。


<コースとかについて>
せっかくなので下山時にボードで滑れないものかと思いました。手持ちのルート本に記載は無いので、ネットで検索したところ白樺高原スキー場方面からの往復でスキーの記録を見つけました。で、白樺高原スキー場に問い合わせたところ、”一応ボードは滑走禁止なので・・・”とボードを持ってのゴンドラリフト乗車は難しそう。

 で、冬場ポピュラーな女神茶屋からのルートでゆくことにした次第です。山頂から大河原峠方面、龍源橋へのルートでも滑れるみたいですが積雪期の山行はなるべくピストンにしたいので、ボードの滑走はダメもとで板だけもってゆくことにしました。

<行程>

2006/1/29

女神茶屋登山口 7:55
標高2120m 8:50
蓼科山頂 10:05-10:15
女神茶屋登山口 11:25


<内容>



 ちょっと家を早く出過ぎてしまいました。佐久から蓼科方面に向かう途中で朝陽と雲海がきれいだったので写真を撮ってみました。

 ピラタス蓼科には7:30に着いてしまいました。ロープウェイは9:00からだってのに・・・。妻とその友人には悪い事をしました。

 二人を降ろしたら私はスズラン峠下の登山口へ向かいます。






 スズラン峠下の女神茶屋登山口の駐車場です。私が着いたときには既に2台駐車していました。私が出発する直前にそのうち一台の二人連れパーティーが出発して行きました。

 数日大きな降雪が無いのでスノーシューは持ちませんでした。妻にプレゼントしてもらった腕時計の高度計をセットして7:55に登山開始です。

 なお、夏道の登山道は駐車場から少し下ったところに有るみたいですが、冬は駐車場からも直接トレースがのびています。私は後者を選択したので、夏道をたどった前述の二人連れより先行することとなりました。






 ここ数日降雪が無かったためか、非常にしっかりとしたトレースが出来ています。この先、ゆるやかな雪原状を登り左手に見える山腹にとりつきます。

 この山腹の登りがこのルートに3段ある急登の一段目となります。後ろを歩いていた二人組はこの急登の途中で、アイゼンを付けていました。登山道の両サイドは雪面が大きくうねっていてゲレンデの上級者向けコブコースの中に立木が生えてる感じ。登山道から左手に離れれば滑れそうです。

* * *


  で、一段目の急登はさほどの事はなく平坦なところに出ます。多少の斜度があるので、トレースを利用すればここもボードでも滑れそう。

 そして、2段目の急登に差し掛かると、ヤブが多い上に岩も有ります。この辺りはさすがにボードでは無理です。一段目の急登がホップなら、こちらはステップ。キツイ登りが続きます。





 8:50、二段目の急登を終えたところまでで丁度一時間くらい経ったので一息つくことにしました。こういった急登の続くルートでは腕時計の高度計がペースの目安になるのが嬉しい。誤差も多少あるものの実用の範囲内ですね。





 一息ついて進むと蓼科山頂が望めました・・・・って、まだすんげー高くて遠いじゃん。
ホップ、ステップときて3段目の急登はジャンプどころかフライ!って感じです。

* * *


 三段目の急登の手前あたりで、左手にロープがかかっています。左上方にのびる沢への入り込みを防止するためのものでしょうね。

* * *


 で、案の定、三段目にとりかかるとこれまた辛い登りが続きます。程なく単独行のおじさんに追いつきました。2台とまっていた車のうちの1台の人かな。ここで、先頭になりました。

 この辺りで気付いたのですが、昨日は土曜だし登山者が登ってれば多少は階段状のトレースになってそうなものなんですが。不思議なことにトレースが滑り台状にフラットな平面なのです。ボードやスキーのシュプールにしては、まったくターンの痕跡が無いしいぶかしく思いつつも登ります。

 ここまでアイゼン付けずに登ってきましたが、まだまだクラストしてる訳ではないので、このまま進みます。






 ここで、振り返ると中ア、南アがいる。雲一つない青空とともに疲れを癒してくれます。スキー場で滑ってる妻達も景色を楽しんでるかな~





 やっとこさ、森林限界が見えましが岩がゴロゴロ。森林限界すぎれば滑れるかな~と思っていたのに、やはりダメですね。地形図みたらよさげな等高線の密度だったんだけどな~。結局、今回は山ボードというよりボードボッカ山行となり果てた。





 山頂手前の岩場です。いつも強風だそーですが今日は多少の風。私はビュンビュンうなる風に非常に恐怖を感じるタチなので一安心。

 女神茶屋からの登山ルートは岩場まで直上すると山頂東側を捲きながら登ってゆきます。






 山頂を目前にして、岩のないフラットな斜面を撮影してみました。青空との雪面のコンスラトラトスラストが美しい。

 こんな斜面が100mでもいいから下に伸びてくれれば担いできた甲斐もあるというものを。こういった滑りやすそうな斜面は山頂周りにちょこっとあるだけです。






10:05 登頂!

 ぃや~。蓼科山はすごい。360°の展望がひらけているッ!!

 山頂には誰もいないのでセルフタイマーで写真撮影しました。帰宅してから、「撮影後ちゃんと確認したのか」と妻に言われました。非常にせっかちなタチなので確認してませんです。頭の上が切れちゃってます。






振り返れば八ツがいる・・・!

(正確には北八ツあたり)





 北アもくっきり見えましたよ。ピラタスで滑ってた妻がロープウェイの案内で聞いたところによると、立山まで見えるのは割りと珍しいことらしいですよ。この画像だと穂高と大キレットまでは判りますが、右の方は何がなんだか私には判りません。立山まで見えるのかいなぁ。

 で、山頂に祠があったので、お参りしました。賽銭入れようとしたら財布に小銭がなかった。

* * *


 で、下山にとりかかります。山頂付近のちょっとした雪面は、せっかくなので滑っておくことにしました。滑り出したとき登山口を同じ頃出発した二人組が登ってくるところでした。

 ほんの数ターンしたあとは、女神茶屋からの登山ルート上あたりまでトラバースして終了。ボードの出番は本当に少ないな。

* * *


 3段目の急登もキックステップが効くのでアイゼン付けずに降りてゆきす。途中で抜いた単独行のおじさんとすれ違ったあとも続々と登山者が登ってきました。

 中でも今年4度目!の蓼科山という地元のおじさんに会いましたが、先週もボードかついだ二人連れがいたそうです。女神茶屋からの往復ルートでは滑るところはないのでやはり大河原峠方面へ下ったのでしょうか。で、登りの時に気になった滑り台状のトレースについて聞いてみました。なんでもプラスチック製のソリで下る人がいるそうです。疑問氷解。こと蓼科山においてはスノボなんかよりソリの方がよさげです。






 さて、左側の画像ですが、黄色く塗ったところは登山道です。黄緑色に塗ったところはガレた沢状の地形になっていて真っ白に雪がついています(2万5千図でいうと標高2,280mから2,200m付近まで登山道の西側に延びているガケ状の記号の沢になります)。

 右側の画像は三段目の急登の途中で標高2,250m辺りで登山道から西側に目を転じたところです。ヤブの先にかすかに見える白い雪面が例の沢状の地形です。折角なのでヤブを分けてここを滑ることにしました。






 白く飛んでしまいましたが、ヤブを抜けて沢状の地形に出たあたりでから下を見たところ。沢の中程に出たみたいです。高度計と地形図を駆使すれば更に上方から滑れたかもしれません。







 これが滑ったシュプール。
3段目急登の手前でロープの張られていた辺りまで白い雪面が続いていて、登山道に出るまで滑って出られました。

 が、その登山道に出たところでコケしまいました。先週、神立でコケた時に強打したアバラ骨が痛くてなかなか起きあがれません。ここでボード外しました。

* * *


 ここから2段目の急登を終えるまでは再び徒歩で下ります。2段目急登の途中でも、まだ登ってくる登山者がいました。

 蓼科山じゃボードなんて滑れないでしょう?と声をかけられます。そのとおりです。

* * *


 2段目の急登を下りきったあたりで、またまたボードを履きます。できればここから一段目との急登を過ぎて駐車場まで下ってゆきたいところ。

 2段目と1段目の間は平坦なので、トレースの上を滑ったり手にしたストックで漕いで何とか進みます。一段目の急登は登山道の右側がフラットなのでこちらを滑りますが、樹間が狭めなので、サイドスリップと木の葉おとしばかりで、ろくすっぽターンできませんでした。

 雪原にでてからはトレースの上をストック推進。駐車場手前で斜度が出てくる辺りはのびのび滑れて駐車場の直前までボードを脱がずに行けました。






 駐車場で居合わせた人に写真を撮ってもらって、おしマイケル。

 結局ボードで滑れたのは標高差にして、山頂直下で約10m、三段目急登の西側の沢で約50m、二段目急登下から駐車場まで約190m、計およそ250m。登山口から山頂まで標高差のうちたったの約3割。しかもほとんどストック推進で、快適な滑降は三段目急登の西側の沢くらいだったし。



<おまけ。>


 妻達と合流したピラタス蓼科スノーリゾートで昼食にしました。野沢菜は別注ですが、おすすめランチ950円はメインの鶏肉がうまくでかく、まさにおすすめメニュー!!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。