So-net無料ブログ作成

西大巓・山ボード(2006.2.18) [山ボード]

 2006年2月18日、ネットにあった快晴の西吾妻山の画像を妻に見せました。
青空の下に立ち並ぶ樹氷を見たくなって久しぶりに夫婦での山行です。
 天気予報を毎日チェックしていましたが、週末は冬型が崩れ高気圧に覆われる気配だったので決行しました。
 実際、磐越道を降りると、磐梯山あたりの稜線もクッキリ望めて、いい感じ。

<行程>

2006/2/18

第3リフト降り場 10:10
西大巓 12:10-50
ゲレンデベース 14:15


<内容>



 グランデコスキー場到着。駐車場(公式サイトで登録すると駐車場代1,000円が500円になる!!)で準備を整えて、ゴンドラ乗り場下のパトロールに登山届けを提出します。
麓のリフトが故障中とのことで、乗客がゴンドラに集中して混雑しています(10〜15分は並んだかな)。

 あろうことか並んでるうちに晴れ間は消え去り小雪がちらついてきました。ゴンドラを降りて第3クワッドリフトに乗り換えます。

 天気は良くないけど高気圧がくることだし山頂に着くまでは晴れるであろうと考えつつ登り出します。写真のとおりスキーのトレースがあったので有難く利用させてもらいました。






 登る私。妻のボードも持って2枚背負いました。時折晴れ間が顔を出すのも一瞬で、雪がちらつきます。

 トレースはスキーのもののためか蛇行が多く、なかなか高度が上がりませんが、スノーシューもさほど潜らず大助かりです。






 途中で妻が撮った何かの実です。こうして途中途中で写真を撮ってるらしく、付いてくるのも遅れ気味です。

 標高1800m手前で一回休憩を取りました。天気も全然よくならないので、山頂に行ってもこの状態であるならば吾妻山はあきらめることとしました。





 標高1843mの小ピーク辺りから撮りました。右方の東側に登りくる二人の登山者が見えました。

このあと休憩をされたらしく追いついたので聞いてみたら、第4クワッドから登って来たそうです。

 天気は全然良くなりません。やだな〜。

* * *

 急登を過ぎ尾根が細くなってくると1940mくらいの小ピークです。視界はガスで真っ白です。事前に情報が無ければここを西大巓と勘違いしそう。山頂方向はガスで見えませんでした。この先は雪も締まって来ておりトレースも消えかけています。山頂方向から声が聞こえてテレマーカーが二人降りてきました。ここから山頂まではすぐだそうです。

 山頂東面を下って行くスキーヤーも見えました。こんなに視界が悪いのに元気だなぁ。

* * *


  山頂到着は12:10です。山頂には先ほど滑っていたスキーヤー(登り返してきました)の連れの方とスノーシューの二人組がいました。今回会ったのは8人でした。

 スキーヤーの連れの方はビール飲んでました。 こんなに寒いのに元気だなぁ。


樹氷の根元で風を避けつつヒルメシにかじりつきました。天気は一行に良くなりません。ときおり日が射すような気もしますが視界は開けません。

 妻は眺望の無さにがっかりしたのか、風雪に疲れが出たのか、一人八甲田山状態です。このまま待機していても体力を消耗するだけだし戻る事にします。

* * *


 西大巓付近は視界が悪くカメラ担当の妻も疲れてたため、写真はないので〜す。






 下山にとりかかります。小ピークまでの斜面を二人で滑るものの視界が悪いとバランスがとれないのか、私はコケまくりでした。

 樹林帯では、妻はスノーシューに変え私は滑り続けます。樹林の間は細かく滑りづらいですが、歩きの妻を待ちつつ、ゆっくり滑ればなんてことないです。1843ピークからは、第4リフトからのトレースの方がしっかりしていたのでこちらを辿りました。





  ゴーグルの中にカメラを構える妻。私の鼻の下に白く輝く鼻氷を激写です。すげー寒かったから。

 木々の間も広くなって来たあたりで妻もボードに履き替えて滑り出します。狭くて怖いといいながら、うまく滑ってるんだからもっと上から履けば良かったのに。ゲレンデが近づくにつれ斜度が弱まり樹間も広がり滑りやすくなります。でもゲレンデに出るともっとすべりやすい。

* * *


 ゲレンデに出たらそのまま滑って14:15、ゲレンデベースについておしマイケル。






<エピローグ>



 滑り終わった後、ゲレンデのレストランでフライドポテト食べて休憩しました。

 そして、車に戻った私たちの目を釘付けにしたのは陽光に輝く西大巓と西吾妻山の姿であった。
なんじゃこりゃぁ〜!!!



<おまけ>



 車を走らせて、会津若松は飯盛山のさざえ堂に行ってきました。小学生の頃に持ってたケイブンシャあたりの”日本のふしぎ大百科”みたいな本で紹介されていて一度いってみたかったところです。記憶では”入り口から登るといつの間にか出口に出ていて、しかも往きと帰りで同じ所を通らないナゾの建物”といった触れ込みだったと思います。
拝観料は400円也。江戸時代の人が考えて作ったとなると凄いな。落書きだらけが残念でした。

 飯盛山はかの白虎隊自刃の地とのことで史跡も回りました。一帯は昔ながらの観光地感じで郷愁感が有ってぐっと来る。




 帰りの東北道、上河内SAでTVチャンピオンの作った餃子ってのを食べました。

確かに美味いけど、スープ、搾菜、ごはん、杏仁豆腐とのセットで950円は奇兵隊創設者って感じ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。