So-net無料ブログ作成
検索選択

西吾妻山・山ボード(2006.2.25) [山ボード]

 2006年2月25日、西吾妻山に登頂できました!
今回もスノーボードをしょって登って滑ってきました。
 先週は悪天候のため西大巓までの往復にしたので何時の日にかリベンジを・・・!と考えておりましたが、一週間後に好天がやってきてくれたので、早速出向くことにしました。

<行程>

2006/2/25

第4リフト降り場  9:25
標高1843m 10:10
西大巓 10:35-11:00
西吾妻山頂 11:50-12:20
西吾妻避難小屋 12:35-12:45
西大巓 13:35-50
第4リフト降り場  14:35


<内容>


 今回は、前回と異なり順調にゴンドラに乗車できました。ゴンドラ山頂駅で装備を整えます。食堂の従業員の方が今日は天気が一日保つであろうこと、西吾妻山を目指すなら第4リフトから登り出して西大巓を巻いても良いことを教えてくれました。

 前回は第3リフトから登り第4リフトへ降りてたのですが、第4の方が樹間が広めだったこと、ワカン・スノーシューの登山者はゴンドラからの乗り継ぎの良い第4リフトを使っていたこと、従業員の話などから考えて今回は第4リフトから登ることにしました。

 第4リフトを降りると十数人の中高年の山スキー、ワカン、スノーシューの団体さんが準備をしているところでした。





9:25

 青空のもと準備を整え出発します。団体さんが出発した直後でしたが、後ろを歩いて抜くに抜けない状況になるのはイヤなので、少し離れたところから登り出しました。



 幸いにしてトレースがあり、先週とは打って変わって、雪が締まっておりスノーシューでペタペタ進めました。





10:10

 45分で標高1843m地点のあたりに着きました。先週はここまで70分かかったのに・・・。快晴で西吾妻山も望めまました雪面も締まってるしGWに登っているような感覚にとらわれます。 

 冬山は天候次第で表情を全く変えてしまうのですね。うちの妻の表情も先週と全く異なりニコニコ顔です。

 このあたりで、西大巓と西吾妻山への鞍部へトラバース出来ないか東側の斜面を望みましたが、斜度が急でスノーシューによるトラバースはきつそうに思えたので、予定通り西大巓経由で登ることにしました。





 途中にあった変な形した木です。なんでしょうか、これは。





 山頂手前の小ピークは左から巻く事にしました。斜め右にのびる足跡は小ピークを直登して尾根通しに進むものです。私は斜め左に進みました。(ちなみに小ピークは巻かずに直登した方が時間は早かったみたいです。)






樹木の間を縫って小ピーク西面に出ると無木立の一枚バーンに出ます。帰りにはここを滑るのも良さげですな。






 例によって妻は写真撮影で遅れ気味、途中でこんな写真を何枚も撮ってるご様子です。

妻を待たずにここからは飛ばして登ります。





10:35

 西大巓着。腰を降ろさず荷物だけ降ろしスノーシューからスノーボードに履き替え、妻の元へ滑ってゆきます。妻は小ピークとの鞍部に着いていて団体さんのうちの一人(写真に後ろ姿が出ています)と話していました。

 その方は地元の人なのか親切に周りの山々などを教えてくれました。東北の山には疎いので勉強になりました。
 妻と供に再び西大巓に登り返します。西大巓山頂には学生らしきパーティー含め数パーティー。ほどなく団体さんも到着して先週と違って賑やかです。。快晴の中で風も無くいい景色。ここで一休み。







 西大巓から鞍部まではスノーボードで降りました。

* * *



 降りる斜面を西大巓から見たところ。

* * *



 西大巓を振り返ったところ。

鞍部では再びスノーシューに履き替え。スノボだとこういうのがめんどくさいですね。






 鞍部からボード背負って登ります。

* * *



 西大巓を振り返ります。

* * *






 天気がよかった分、デメリットも有りました。先週はすっかり雪に覆われていた樹氷も今日は枝がむき出しになっていたりしてちょっと残念。これはこれでユーモラスな姿ではありますけども。そんな樹氷も鞍部から高度を上げるにつれ、全身に雪氷をまとうようになります。そして、妻も念願の樹氷の撮影のため遅れがちになります。

 ふと後ろをみれば団体さんがすぐ後ろに迫っていました。途中で西吾妻小屋へそれていったみたいですが、自分らの親より年上なんだろうけど何て元気なんだろうか。だいぶ若いはずの私は山頂手前ではかなり疲れてきました。





11:50

 西吾妻山山頂着。といってもだだっ広くてどこが山頂かいまいち判然としません。先着していた山スキーヤーたちに”ここが山頂ってことでいいんですよね”なんて確認してみたりする。

 とりあえずだだっ広い中でも一番高そうな辺りで昼飯にしました。

 昼飯を終えた頃、団体さんたちも元気に到着。集合写真を撮るそうなのでカメラマン役を買って出ました。東京野歩路会という旗を広げています。




 山頂からはスノボで滑降。山頂からは樹間が狭く雪面もうねっていて滑りづらかったです。







西吾妻小屋でトイレ休憩しました。
かわいい外観ですな。人の顔のようにも見えます。

* * *



 小屋近くで樹氷から垂れ下がったツララです。



 


 山小屋で休んでいる間に団体さん達は西大巓をトラバースして下山していった模様です。

 私たちは頑張って西大巓経由で降りることにしました。鞍部から望む西大巓は結構高く見えて気持ちが萎えました。

* * *


13:35

 見た目ほどの標高差は無く、程なく西大巓に登り返せました・・・・といっても結構応えましけど。

 西大巓山頂には女性スキーヤー二人連れがいましたが東面の大斜面を滑降するそうです。東面にはシュプールがなかったのでこの人たちが一番乗りなんですね。先に滑った一人がこちらに振り返って手を振って何か合図をしているので私も手を振り返しました。ふと横を見ると連れの人がビデオカメラで撮影していたらしく身振り手振りで連絡を取り合っていたのですね。知人だと思って声をかけたら違った人だった時のような恥ずかしさを覚えました。

* * *


 しばし休憩の後に、私たちも板を履いて滑り出します。東面の大斜面はスキー場へのルートに戻るのにトラバースが長くなりそうなので止めて稜線上を滑ります。陽射しと風のためか稜線上の雪面はモナカっぽくて滑りづらくなってました。小ピークとの鞍部からは右手にそれて西面の一枚バーンを滑ります。

 一枚バーンの途中から左に樹間を縫ってトラバース。トラバース中は細かいアップダウンが有ったので妻は板を外して少し歩きました。

 登りにとったコースへ出ると樹間の狭い所が先週と違って雪面が堅いので非常に滑り滑りずらいです。先週は”ゆっくり滑ればなんてことないです”なんて書いてましたが、このコンディションだと木々を除けるには横滑り、木の葉落としでないと私には無理ですね。





 あまりに滑りづらいので途中で板を外してしまおうかとも悩む程でしたが、滑ったまんまおりました。標高1,700m位まで降りてくると樹間も広がって斜度も緩くなり、やっとこさ滑りやすくなってくるのですが、すぐにゲレンデについてしまいました。14:35でした。

 で、駐車場に戻ったら団体さん達がいたので挨拶しました。既に降りてきていたのですね。皆さんケロっとしていて疲れを知らないんでしょうか。自分もかくありたいと思いました。






 そんな訳で滑りとなると先週の方が良かったのですが、登りは楽々だったし天気と眺望に恵まれたので、大成功ですな。

<おまけ>



 帰りの高速に乗る前に妻が撮ってくれた雲。翼を広出て飛んでいる鳥のように見えます。
  


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。