So-net無料ブログ作成

蔵王山(2006.3.5) [登山の記録]

 3月4日〜6日の二泊三日で妻と友人と3人で山形蔵王にスノーボードしに行ってきました。天気が良かったら熊野岳まで登ろうと登山道具も持ってゆきました。二日目に天候に恵まれ無事登頂を果たしました。

行程

2006/3/5

ホテル樹氷の家(標高1346m)  6:25
ザンゲ坂下 6:50
ロープウェイ山頂駅 7:05
地蔵岳付近 7:20-8:05
熊野岳 8:40-50
地蔵岳付近で合流 9:10


<内容>


2006年3月4日

 自宅を早めに出てETCの深夜割引を使うため東北道浦和料金所を4:00前に通過しました。宮城県内を通行中、蔵王方面も晴れ渡り、真っ白な山々も見えたのでこの日のうちに熊野岳を登ろうと思いました。
 8:30頃、山形蔵王スキー場に着きましたが山頂方面はガスがかかっていました。登山の準備を整えロープウェイに乗ってもガスは濃くなるばかり。乗り合わせた地元の山屋さんからも冬の蔵王の恐ろしさを吹き込まれました。
 そんな訳でロープウェイ山頂駅には着いたもののこの日の登山は諦めました。それでも山スキーヤーやら登山者やらパーティーかは山に入っていったみたいです。


ホテルのこと。



 今回は、樹氷の家というゲレンデの中にある宿に泊まりました。標高1346mです。建物自体は古くアクセスも大変(ロープウェイ&雪上車or滑走)だし、蔵王の温泉街をぶらつくこともできないなど山中ならではの不便さもあります。
・・・・が、掃除が行き届いている、飯がうまい、ゲレンデが近すぎる、何より一泊二食付き5,600円!!
 ということで結構気に入りました。帰りは雪上車に乗ったけど家族連れだったら子供も喜ぶだろうなぁ。
 窓からの景色も絶景です。


2006年3月5日

 天気予報は芳しくなかったものの、とりあえず早起きしてみると、晴れ!!前日のように朝だけでも天気が保つならと、リフトが動く前に単独で熊野岳を目指すことにしました。
 装備を調え部屋を出たとこで隣室のおじさんにドコに行くのか問われました。この方も山スキーで刈田岳まで縦走するそうです。



 6:25にホテル前を出発。まずはリフト一本分の上級者向けコースの急登を登ります。樹氷原コースに出てザンゲ坂を登る頃にはだんだんと風が強くなってきました。
 出発して40分でロープウェイ山頂駅についたもののこの時間は閉まっていて登山届は出せませんでした。ここまでスノーボードを担いで来ましたが、風が強く煽られそうなのでここでデポります。
 スノーシュー履いてストック持って地蔵岳への登りに取りかかります。地蔵岳への雪面は降雪が無かったためか締まっておりツボ足でも大丈夫そうです標柱を辿りながら登り樹氷原を過ぎると更に風は強くなるばかり。



 地蔵岳を過ぎたあたりで、雪面もカチカチになっていたのでアイゼンとピッケルに換えます。
 熊野岳方面はガスというか雲が早い動きで流れつつあり風は更に強そう。標柱が有るので迷うことは無いとしても、このまま風が強くなってゆくと進むのも辛くなりそうなので戻ることにしました。
 標柱についたエビのシッポを写真に納めたりしながら地蔵岳を下ると途中に雪洞があったので、ここで一息入れることにして行動食を食べたり妻に登山中止のメールを送ったりしました。そして、外に出るとガスが薄くなっており、風も弱くなっています。
 



 とりあえず地蔵岳に登り返しましたが、天気は上り坂の様子でガスの間に間に熊野岳山頂も望めたので、妻に登山再開のメールをうち先に進むことにしました。
 標柱の示す登山ルートは一旦下ったあと熊野岳東面をトラバースしてゆきます。鞍部から熊野岳に直登することも出来そうでしたが、西からの風が避けるため標柱に沿ってトラバースし、標高1800mあたりで遠回りにならぬよう山頂方向に登りだしました。



 8:45 山頂に着きました。神社が雪を被って鎮座していたのでお賽銭入れてお参り。風も大分弱くなっています。
 天気は明らかに上り坂で早出しすぎたと後悔。写真を何枚か撮ったあとは早速、下山にとりかかりました。



 地蔵岳から北の稜線に日が差してとてもキレイです。 下山は直接鞍部目指して降りました。鞍部からは山スキーヤー二人が登ってくるところ。聞いてみるとロープウェイで上がってきたそうです。早出しすぎたけどここまではたった一人で山を独り占めできてよかったかも。




 地蔵岳に着くと、大勢の登山客やらスキーヤーやらが登ってくるところでした。下ってゆく途中で妻と合流。ホテルで隣室だったおじさんのパーティーともすれ違いました。



 妻等と合流したあとは地蔵岳の斜面で樹氷の写真撮ったりボードしたりして遊んで、今回は終了。あとはゲレンデでボードを楽しみました。






プチ八ツ墓村



 結局、一日快晴は保ちました。早出したのなんて意〜味な〜いじゃ〜ん!!


2006年3月6日

 この日は滑らずにロープウェイで帰りました。天気は余り良くなかったです。昨日のうちに登っておいてよかったです。
 帰りの東北道で事故の通行止めが有ったのには難儀しました。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。