So-net無料ブログ作成

苗場山(2006.7.30) [登山の記録]

平成18年7月30日、苗場山に行ってきました。山頂の湿原が見たくて前々から行きたいと思っていたところでした。
今回は言い出しっぺの妻と一緒でした。山頂にいるときに晴れ間が広がりまずますの天気でした。
 コースは歩程が最短となる小赤沢登山口を選びました。
 みつまたかぐらスキー場からの祓川登山口と違って、関越を降りたあとぐるっと山の裏側へまわりこむ必要があ
るため、アプローチに時間がかかります。

行程

2006/7/30

小赤沢登山口三合目   7:00
五合目   8:00
湿原末端   9:25
苗場山山頂   10:20-11:25
湿原末端  12:40
小赤沢登山口三合目  15:05


<内容>


小赤沢登山口までは、関越道を降りても下道が長い上に、この間豪雪で孤立した秋山郷を通る国道も深い峡谷をへつるような国道で結構大変でした。
小赤沢温泉から林道を登山口へと進みましたが、中型バスが一台降りてきてびっくり。更に大型バスも降りてきて2度ビックリ。駐車場にもバスが3台とまってました。ツアー登山の送迎かな。離合のラクな場所でのすれ違いだったので良かったのですが、きわどい場所でバスとすれ違うことになったら狭い林道なので恐怖です。

 たどり着いた駐車場は、ガイドブックには30台と書いてあったものの、拡幅工事でもなされたのかその倍は駐めらそうだと感じました。
 駐車場入り口付近には立派なトイレが有ります。男子トイレのコンディションはというと、ボットン、備え付けの紙は無し、洗面台有り、鏡は無しでした。

 ちなみに入り口のドアを全開にすると男女の別を示す看板が見えなくなります。オバサン達が用を足したあとドアを開けっ放しにしていたので、女子トイレと判らずに中に入っていったオッサンがいました。「そっちは女子トイレですよ」と呼んでみましたが既に遅かったのか出てきませんでした。程なくさっき入っていったのとは別のオッサンが中から出てきました。都合2名のオッサンが女子トイレで用を足していた模様です。後から考えてみたら看板が見えなかったとしても中に小便器がないのだから男子トイレではないことは判るはずなんですが・・・。




 7:00 天気は曇り、山頂では晴れることを願って出発です。駐車場の奥が登山口になっていて登山者カード入れがありました。
 今回は雨の後でぬかるんでいそうなので妻は汚れ防止にスパッツを付けて行きました。案の定、4合目から6合目あたりまではひどいぬかるみが続きます。ぬかるみを避けて歩くと登山道が広がってしまうので汚れを避けたい人はスパッツが必携だと思います。個人的には泥まみれになろうが構うことなく正しいルートを歩く強い気持ちこそ必携だと思います。




 前述のとおり道はぬかるんでドロドロです。ぬかるみのひどいところでは木を輪切りにして登山道に敷いてあったりします。
 5合目では5分ほど休憩しました。この辺りでは植生のためか虫がブンブン飛んでいます。耳の中に入ってこようとする子もいるのでタオルを頬被りにしました。




 6合目を過ぎ山腹を右に巻くように進むと水場があります(コップが置いてありますが山と高原地図'05に表示はないです)。印象ではここまでが前半戦で下半身は泥まみれ上半身は虫まみれといった印象です。





 水場を過ぎると後半戦となります。こちらは急登まみれといった印象です。さほど難しくはないと思いますがクサリ場が次々と現れます。7合目を過ぎると更に傾斜は増して行きます。このあたりで足を休めました。
 やたらとイキのいい男性4人組が後からやって来て「バナナくいてー」と「ファイトぉ〜1発!」と口にしながらガンガン先に登って行きました。こちらは急登でヘバっていたのですが、彼らの威勢の良さに気が紛れました。
 8合目を過ぎると樹木が無くなって行き、笹原の中を登って行くと湿原に飛び出します。




 9:25 湿原の末端に着きました。ここからは天国!!木道歩きとなります。休憩するスペースも有りますが混んでいるので先に進みます。
 残念ながら曇りがちなのですが、降りてくる人に聞くと山頂付近は晴れ間も見えるとのことで期待値上昇。




 ガスっているので視界は100mくらいでしたが、木道の両脇に池塘と花々が散らばり天国のようです。ここが天国だとすると先ほどまでの4合目からここまでの登りは泥と虫と急傾斜の地獄からの脱出という印象です。




 木道もほどなく途切れ再び樹林帯に入ることになります。樹林帯の中の道は岩がゴロゴロとしていて、岩と岩の間はドロドロです。うまいこと岩の上をつなぐように歩けばスムーズに通過できますが、妻はあまり慣れていない上に例によって写真を撮りまくりなのでなかなか先に進めませんでした。この辺りはすれ違いが困難なので素早く通過したいところです。




下の画像の花は変わった形をしている上に透明感があるのでさぞかし珍しい植物だろうと思いました。下山してから調べたら、ギンリョウソウといってさほど珍しくもなかったみたい。右側の模様が”魚”という字に見えます。




 10分ほど歩いて樹林帯を抜けたところで、再び木道となったので休憩をとりました。
 もう少し進んだところが龍ノ峰への分岐となっていて休憩スペースもあります。
 この辺りで時折晴れ間が出るようになりました。妻は山頂の湿原といってももっと小じんまりとしたものを想像していたようで、ガスが晴れて湿原にかなりの広がりがあることを見て取ると驚いていたようです。
  ”苗場”と聞くとどうしても、スキー場やホテルだの俗っぽいイメージが強かったのですが、この広大な湿原こそ字面通りの"苗場"です。スキー場の方は”たけのこスキー場”にでも改名してもらった方がいいと思います。




 山頂方面に進むと残雪がありました。スプーンカットの稜線部分が汚れで黒くなっています。光海獣プリズ魔に幼生というものがいるのならばきっとこんな形態に違いないと思います。今年は残雪が多く7月半ばまで湿原は雪の下だったみたいですが、もう大分溶けたのですね。
 雪渓を過ぎると苗場山まではゆるゆると登ってゆきます。

 自然交流センターの下辺りでは、赤湯方面からの道やセンターへの道だのトラバースルートだのが輻輳していて山頂方面へはどのように進べきか判りづらいです。




10:20 山頂に到着しました。結構な賑わいです。遊仙閣という山小屋のすぐ脇に会って樹木に囲まれているので、見ようによっては生け垣に囲まれた民家の庭先のようにも感じられます。苗場山は湿原が主役で山頂はあくまで脇役扱いといった感じでちょっと不憫です。

 遊仙閣前のテーブルでは、急登で会った陽気な4人組が酒盛りを繰り広げていました。私達は休憩料一人200円を払って小屋の中で休憩しました。私は缶ビールを購入して頂きました。小じんまりとした小屋ですが中はキレイに掃除されていて一度泊まってみたいと思いました。

 小屋を出て脇のテーブルで靴を履いて出発の準備をしてると、オバサン2人組がやってきて相席となりました。その時プリププリリッという空気の破裂音が聞こえたような気がしました。気のせいかと思っていましたが、再び、プピッパパリプリプリプリ・・・という音が!腹の調子が悪いのかオバサンが屁をカマしたのでした。ご当人は素知らぬ顔です。オバサンの中に残された乙女心が無かったことにしようとしているのでしょう。

 天気が良い湿原を見渡せる休憩スペースまで出てからお湯を沸かして食事のコーヒーとしました。雲の上の楽園で頂くコーヒー格別の味となるはずでしたが、湯の分量を間違えたので不味かったです。




 折角のいいお天気なので赤湯温泉方向へ散策しました。あまり進みすぎても戻るのが大変なので、少し歩いただけですが、他のルートと違いこちらは人がいないのでお奨めです。平日とか一泊する等して人の少ない苗場山を楽しむのもいいのかもしれません。

 山頂に戻って下山を開始します。途中の木道の休憩場で眠り込んでるグループがいました。よく見れば例の4人組です。泥のように眠っていました。登りでの陽気さといい山頂での酒盛りといいやることなすこと豪快で素晴らしい。でもこのまま眠り込んで今日のうちに下山ができるのだろうかとちょっと心配。

 さて、龍ノ峰への分岐を過ぎて歩きづらい樹林帯に再び突入します。道の脇に白っぽい子ヘビがいたのがかわいかったです。手にしていた携帯で撮ろうとしましたが起動が遅いので間に合わず撮影出来なかったので残念でした。途中で会った夫婦連れが山頂付近にはオコジョもいたと教えてくれました。オコジョは今まで見たことがないので、とても羨ましいです。




 樹林帯を出ると再び湿原となりますが、山頂の楽園ともあと僅かでおさらばです。湿原末端の休憩スペースで休憩をとって、例の地獄の急登を下りにかかりました。
 下りだしてすぐに妻が原因不明の頭痛に襲われたでゆっくり下りました。足腰が疲れた訳ではないのですが一歩一歩が頭に響くそうで妻にとってはまさに地獄だったようです。下るにつれて具合も良くなってきたようで一安心です。

 15:05 やっとこさ登山口まで戻っておしマイケル。

<温泉>


 下山して小赤沢温泉の日帰り施設、楽養館に行きました。向かう途中”○×ツアー秋山郷と苗場山の山旅”みたいな看板付けたバスが近くに駐車していたので団体さんがいるのかと戦々恐々としておりましたが、到着してみたら割と空いていました。
 ネットで見たら料金は大人500円でしたがどういう訳か実際は300円でした。 建物自体は、古い学校のような年季の入った建物で趣きが有ります。

  ここで遅めの昼食ということで、ワサビそばと岩魚丼を頼みました。食事の価格は観光客向けなのか高めです。交通の便が良くないせいもあるのかもしれません。
 夏だというのに風が涼しく広い窓から眺める田んぼや木立も風情があっていいです。食事をしていると例の陽気な4人組もやってきたのでちょっとビックリしました。
 温泉はというといかにも秘湯な感じのする赤い湯で、普通の基準(何の基準かよく判らないけど・・)の2倍の濃度だそうです。2倍でなくて3倍だと一般人では入れない例の人専用になってしまうところですね。
 洗い場は男女ともに4つ、シャンプ&リンスとボディーシャンプー、女湯にはドライヤーもあったそうです。露天風呂はないけど、大きな窓で開放感があります。普通の浴槽と全身用、打たせ湯等がありました。
 人で混んでいたりすると狭いかもしませんが、空いていたので、ゆっくり浸かることができました。これで300円はお得すぎだと思います。

<感想>


 登り前半戦の泥&虫まみれ、登り後半戦の急登まみれを越えて辿りつく山頂湿原は想像以上に素晴らしいです。今回は割とゆっくりとしましたが、今度くるときは秋山郷に前泊するとか山頂に泊まるとかしてさらにゆっくりと過ごしてみたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。