So-net無料ブログ作成

八ヶ岳・赤岳(2006.9.30) [登山の記録]

平成18年9月30日、八ヶ岳は赤岳に行ってきました。

 今回は会社の同期と二人連れでした。
 八ヶ岳は高校生の頃に2回ほど来た事が有りますが、いずれも一泊二日でした。今回は日帰りなので、なるべく楽をしようと美濃戸まで車で入りました。南沢を経て行者小屋から文三郎尾根を登り、帰りは地蔵尾根を下るプチ周回ルートをとりました。
 天気はまずまずで、アルプスから富士山までの眺望に感動した。

行程

2006/9/30

美濃戸   5:30
行者小屋   7:20-40
文三郎道分岐   8:35
赤岳山頂   9:00-9:55
赤岳天望荘  10:10-20
行者小屋  10:50-11:20
美濃戸  12:30


<内容>



 小淵沢ICで降りて、下道を美濃戸口までは快適なドライブ。美濃戸口からは未舗装路となります。ちょうど歩き出そうとしてる三人組がいたので、車に乗せて差し上げました。
 で、美濃戸まで行く間に5、6回は車のお腹を擦りました。擦ったというより轍の段差でガツンとぶつけるような感じです。慎重にスピードを落としたら落としたで坂を登れなくなったりとか、なかなかシビアでした。
 美濃戸到着は5時過ぎくらいでまだ暗い中。やまのこ村というとこに車をとめました。駐車代は1日1,000円でした。

5:30 トイレ済ましたり準備して出発です。この時間になるとヘッドランプは要らないくらいの明るさです。




 美濃戸から行者小屋までは、沢沿いのゆる〜い登り。途中で車に乗せた3人組を追い抜きました。年季の入ったザックを背負ったリーダー格の男性がサンダル(茶色いゴムの一体成型の)を履いていたので驚かされました。 
 で、なかなか高度を上げられず飽きるっちゃぁ、飽きる感じです。ただ、意外とコケが豊富でところによっては屋久島の森のような感じで見事でした。
 沢が枯れて河原のようになってくると行者小屋は近いです。天気は曇りがちでしたが赤岳も見えてきます。





7:20 行者小屋に到着。小屋前のテーブルで腹ごしらえしてトイレもお借りしました。バイオトイレということだったのでチップは指定の百円より気持ちばかり多めにしました。20分ばかり休憩しました。もう9月も終わりなので体が冷えてきます。




20分ほど休憩して文三郎道へ。阿弥陀岳・中岳への分岐を分けると急登が始まります。浮き石の多い道なので中です。ほどなくして画像のような鉄網の階段の登りとなります。これは便利だけど一段一段が高めなので足に応えます。効率よく高度があげるにつれ阿弥陀岳、横岳、硫黄岳が表情を変えてゆくので、周りの景色を見渡して楽しみつつ休まずゆっくり登るとよいと思います。




振り返れば北アが雲の上に顔を覗かしていました。槍穂は形が判りやすいのでいいと思います。





 阿弥陀岳から赤岳への稜線に合流してほどなく鎖場の連続となります。鎖場といっても手がかり足がかりは豊富にあるので安心です。その代わり浮き石が多いので注意です。
 上から降りてきた人と挨拶したら、「あ、山小屋の人ですか?」と言われました。先月に妙高に登ったときも間違えられたけど、何でだろう????
 はてさて、権現岳からのルートをあわせて梯子を越えると山頂です。




山頂までのルートでは阿弥陀岳の姿が印象的でした。今回の山歩きの中でも最も美しく見えました。





9:00 赤岳山頂です。山頂直下でお食事をとられている方がいたので、山頂標識の写真は撮りませんでした。山頂付近で休憩するときは他の人の迷惑にならなうように場所をずらした方がいいと思います。
 山頂からは画像のとおり、富士山のみならず奥秩父、浅間山、後立、槍穂、乗鞍、御岳、中ア、南アと名だたる山々を見渡すことができてよかったです。ちょうど双眼鏡を持ってきていたので、大活躍でした。
 山頂では1時間近く景色を楽しんで、赤岳天望荘まで下りました。寒かったので小屋でコーヒー飲んで休憩して地蔵尾根の下りに備えました。
 行者小屋でも生ビールを飲みながら30分の休憩。今回は珍しくゆっくりしたけど、のんびりするのもいいものだなぁ。





 行者小屋からの下りはとても長く感じました。途中で奇声を上げて歌いながら歩いている二人連れがいました。鬼太郎の目玉の親父のモノマネをしてたみたいで騒々しかったです。

 下りにも飽きてきたころ、登山道の先を見ると鹿さんが・・・!! 近づいていっても逃げません。ここまで鹿に接近したのは奈良公園以来。野生の鹿だと思いますが、人間を恐れていないようでした。かわいいなぁ。

 で、12:30、美濃戸についておしマイケル。同行者普段を高尾山あたりのハイキングをしていて、本格的な山歩きは初とのことでしたが、なかなかどうしてしっかり歩きおおせて大したもんだ。

<おまけ>


 美濃戸からの未舗装路は、帰りには明るく段差や窪みもよく見えたのでゆっくり走る事で車の下をこする事はありませんでした。
 で、行きに乗っけた3人組が美濃戸方面に向かっていたので、またお乗せしました。聞けば赤岳を目指してたところ諦めて引き返したとのことでした。
 年季の入ってそうなリーダー格の方が履いていたサンダルのことを聞いてみたら、日本の山で雪のない季節はサンダルが最高、つま先を痛める事もないし、歩き方も上手になるとのこと。こうして書いてみるとなんですが、妙な説得力があって私も一度試してみようかなという気になりました。

 帰りは「もみの湯」というところで一っ風呂浴びて帰りました。今時の日帰り入浴施設って感じで、シャンプー類もそろっていたのでよかったです。登山口からもみの湯までゆくルートにも看板とかが見当たらず場所が分かりづらかったです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。