So-net無料ブログ作成

巻機山(2006.11.25) [登山の記録]

平成18年11月25日、一人で巻機山に行って来ました。
前日に避難小屋まで行ったけど途中でやめました。この日はとてもいい天気に恵まれました。よかったなぁ〜。

行程

2006/11/25

桜坂駐車場   6:25
七合目   8:28-8:40
避難小屋   9:35
巻機山山頂   9:55-10:15(最高点着10:00)
七合目  10:50-11:05
桜坂駐車場  12:15


<今回の主な装備>

アイゼンストック、ピッケル
冬用下着ゴア雨具、目出帽
※太字は使用したもの

<内容>



 宿を出て登山口である桜坂駐車場を目指す。昨日とは違って既に3台の車がとまっていました。昨日より時間が早いのにとても明るい。
 今日は天気予報もバッチリで実際に雲一つ無く、見晴らしもグー。
6:25 出発!!





 昨日と同じ井戸尾根を登ります。張りつめた冷たい空気が心地よいです。
 で、昨日は2合目付近から見られた雪も今日はなし。この時期は一日違うだけでガラリと変わるのですね。
 5合目5勺あたりで後ろで物音がしたのでびびりました。振り向くとウサギが逃げてゆくところでした。
 雪面に残るケダモノの足跡も昨日よりは多いようでケダモノどものやはり天気の良い日の方が活発なのでしょうか。





 6合目展望台に到着。天狗岩だの割引岳など眺望が広がる。ここまで急登が報われる瞬間。ここで陽射しが強くなってきたのでゴーグルを装着。
 昨日と同様このあたりから雪は一層深くなってゆきます。





 7合目付近。昨日とは打って変わってニセ巻機まで見通せました。悲しいほどお天気。
 8合目までの斜面には先行者が一人登って行くのが見えました。一番乗りは無理なのかな。
 お腹が空いたのでここでパンを囓り、ついでにアイゼンを装着。

 さて、8合目までの登りにとりかかると、先ほど見えた先行者のおじさんが引き返してきました。聞くと、雪装備を持っていないので諦めて引き返すとのこと。更には以前にも体調を崩しこの辺りから引き返したとのこと。
 ・・・他人事には思えないぜ。私のピッケルをお貸しすることにしました。





 ニセ巻機までの登りは昨日より堅い雪面となっていました。なんとかニセ巻機山まで辿り着けば眼前には巻機山本峰が広がります。背後にも広がる山並み、、、う〜む素晴らしい。
 で、この先のルートを見ると雪面がテカテカしています。ここまで一緒に登ったおじさんとはここで別れることにしました。貸したピッケルは7合目に置いといてもらうようにお願いしました。
 ※装備が無く引き返そうとした人に対して、装備を貸すというのは良くないことですね、反省してます。





 今日は避難小屋の御世話にはならずにそのまま通過します。ここから先は未知のルート。





避難小屋から少し登ると鞍部に池塘を発見!!凍ってるけど。





池塘からそのまま直上すれば早くも山頂の標識が!!
実際にここより標高が高いのは東に稜線を向かった先になります。





 最高点には来たものの山頂を示す標識はありません。そのかわりに素敵な眺望が広がります。
越後三山やら、上越国境から北アまで富士山もみることができました。日を改めて来た甲斐があったというもの。
 数年前にはここまでヘリスキーが開催されていたそうです。ヘリでここまできたら楽チンでいいなぁ。

で、下山開始。池塘の辺りで夫婦連れ、ニセ巻機のあたりで男性2人連れ、7合目あたりで単独の人とすれ違いました。この天気にありつけるなんて皆さん果報者ですね。

別れた先行者のおじさんには3合目の手前あたりで追いつきました。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

komako

今年9月に巻機山に登りました。
あの巻機山がこんなふうに冬を迎えていたんですね。
すごいなー!!
素晴らしい青空になって、よかったですね。
by komako (2006-12-08 23:45) 

(^-^)

どうもです。
前日諦めたまま帰宅せず粘った甲斐がありました。
9月の巻機山の記事は拝見して参考にさせて頂きましたよ!
by (^-^) (2006-12-15 00:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。