So-net無料ブログ作成
検索選択

霧島山・高千穂峰(2007.1.3) [登山の記録]

平成19年1月3日、霧島山に登ってきました。
 今回は、妻と義父と3人での登山です。霧島山は最高峰の韓国岳を登って百名山とするのが一般的な模様ですが、義父のたっての希望で高千穂峰を登ることにしました。

行程

2007/1/3

高千穂河原   9:13
高千穂峰山頂  11:03-11:25
高千穂河原  12:35


<内容>



 昨日に引き続き天気が芳しくありません。義母は昨日の開聞岳の疲れもあり降雨も予想されることから高千穂河原で待つこととなりました。

9:13 高千穂河原の駐車場(410円)を出発!





 登山口の標識をちゃんと確認せず、別の遊歩道から出発してしまい遠回りとなってしまいました。
 登山道は始めのうちは石畳でそこそこ歩きやすいのですが、それが終わると松林の中を赤茶た火山岩がゴロゴロした道をゆるゆると歩くことになります。
 で、先頭を歩く義父が結構な健脚でスピードで進んでゆく。妻もそれについて行くので今にして思えばペースも速かった。。。





 ゆるゆるとした登りは樹林帯の中までで、その後は富士山の様な急な斜面を登ってゆくことになります。
 で、さすがに義父のペースも落ちるだろうと思いきやそのままの勢いでグングン登っていってしまう。一方妻はここまでのハイペースが祟ったか結構バテ気味。
 この急斜面が結構な難物で火山岩でガレガレザレザレなので365歩のマーチ状態です。





 お釜まで登ると目前にはすり鉢状の火口壁。この中にアリジゴクがいたとしたらきっと全長10mくらいのスケールになると考えられます。

 天気はガスったりしていて、天孫光臨伝説の似合う神秘的な雰囲気を醸し出してます。
 



br
 高千穂峰へは火口壁のヘリを辿んでから一旦くだり、再び急登となります。一旦下らせられるのは気分がめいりますー。鞍部にはお宮がありました。ここから山頂へは標高差は約160m。
 私はここから3分でどこまで登れるか挑戦してみましたが、3分の1程しか登れずバテました。
 引き続きお釜までの登りと同じくガレガレザレザレの急斜面を登ります。




11:03 高千穂峰着。天の逆鉾が突き刺さっていました。曇天の下、晴れた山頂の展望とは比ぶべくもないやもしれませんが北面、東面には雲海が広がり南には桜島も見えます。西にはガスの中ときおり韓国岳も顔を覗かせます。




下山にとりかかり、お釜の辺りまで下ったところで、一瞬ですが氷雨がぱらぱらと降ってきました。
 それでも普通の服をきた観光客も沢山登ってきていてビックリ。逆にでかいザックを背負った私の方が浮いていたかもしれない。。。



おまけ



 帰りには霧島神宮に寄ってみました。周辺は道路が混雑していたので少し離れたところに車を止めて参拝。観光案内所で聞いた「温泉センター神乃湯」へと向かいました。
で、国道を鹿児島空港方面に降りて行くと対向車線が霧島神宮へ向かう車でヒドイ渋滞。結局数km先の温泉までずうっと鈴なりに連なっていました。

さて、「温泉センター神乃湯」は300円と格安だったけど・・・・内容もそれなりだった。

 お風呂を出たあとは鹿児島空港へ向い今回の旅はおしマイケル


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

howiwish

こんにちは。はじめまして。
去年から山登りをしているものなんですけど、今回の冬休みは九州にいってきて、今帰ってきたばかりです。

今帰って、同じ日に九州の山を登っている人いないかなと思い。山どんさんのhpを見ると覚書さんが私と同じ日に霧島、高千穂、開聞に登られていたのでびっくりしました。すれ違っていたかもしれませんねw
by howiwish (2007-01-06 12:43) 

(^-^)

どうも、山行お疲れさまです。
 HP拝見しました。去年始められたとのことですが、あちこちの山を随分と精力的に登られているのですね。びっくりしました。九州ばかりでなく鳳凰山も半日違いでニアミスだったみたいです。
 
by (^-^) (2007-01-07 20:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。