So-net無料ブログ作成
検索選択

十勝岳(2007.7.29) [登山の記録]

平成19年7月29日、今シーズン2回目の北海道旅行最終日です。十勝岳に登ってから東京へ飛行機で帰ります。

<行程>

2007/7/29

・ゆき ・かえり 
望岳台   4:06
昭和火口   5:51-5:55
十勝岳てっぺん   6:35-
十勝岳てっぺん  - 6:50
望岳台   8:15


<今回の主な持参装備>

ストック、※太字は使用したもの


<山行内容>


 宿泊した吹上温泉白銀荘は4時に入り口を開けるということで、3時半に起きて朝食をとって準備をしておきました。車を走らせて望岳台へ向かいます。
 数分でたどりついた望岳台は結構広めの駐車場です。
4:06 準備は済ませてあるのですぐさま出発しました。既に明るいのでヘッドランプは不要でした。ガスの中を登り出します。



 しばらくはなだらかな登りが続きます。30分ほどで吹上温泉への分岐につきました。私はこの分岐までのコースタイムが1時間だと勘違いしており、オーバーペースになっていると判断しこの先はペースダウンしました。



 登ってゆくとだんだんと十勝連峰が姿を現してます。美瑛岳への分岐あたりで背後を見ると見事な雲海となっていました。富良野岳がすっくと雲海から突き出ていて印象的でした。



 避難小屋跡で休憩。地図を確認したところ、望岳台から1時間の区間を間違っていたことに気が付きました。
 この辺りから登りは急になってゆきます。火山岩でゴツゴツとした登山道は富士山の登山を思い出させます。



 次の目印となるポイントは昭和火口ですが、九十折れの急坂を登り切ったあたりがそうだったと思うのですがそれらしき標識はありませんでした。



 この昭和火口と思しき地点から砂漠のような景観の火口壁を進みます。今まで登った北海道の山と異なる雰囲気です。霧島山が雰囲気としては近いですね。山頂方向にガスがかかり始めてしまいました。



 比較的平坦な火口壁の歩きが終わると山頂直下の稜線まで急な山腹を直上することになります。一見してどこを登っていいか判りません。
 近づいて行くと黄色いペンキの印があるのでそれを辿るように登っていきます。明確な踏み跡はなく岩肌をペンキ印を追いながらエッチラオッチラ登って行きます。このあたりの登山道は今までにない新感覚でした。残念ながらこのあたりから再びガスにとりまかれてしまいました。
 稜線に出てからほっと一息つきたいところですが山頂直下はまたもや急登です・・・。



 6:35 山頂到着です。私が到着したとほご同時に下山を開始したパーティーがいましたがこの方たちは上ホロメトック山の避難小屋に泊まったそうです。私が山頂にいる間にも同じように小屋に泊まっていたパーティーが登ってきたので記念写真のシャッターをお願いしました。



 山頂はガスの中でしたが、ときどきガスが晴れて美瑛岳方面の稜線が見えたりして綺麗でした。
 待っていれば、またガスが晴れてくるかもしれませんがあまりゆっくりもしていられないので下山に取りかかります。割と速く山頂まで着いたので、新千歳空港に向かう前に温泉に入る余裕が出来そうです。
 山頂稜線からの下りは滑りそうなので慎重に下ります。幌尻岳からの疲れが足にたまっているので転ばないように気をつけました。
 雲海の位置が上がってきているようで登りのときに雲の上だったところもガスの中になっていました。登ってくる登山者たちが天気を気にされていましたが、あのあとの天気はどうなったのかな。
 8:15 無事、望岳台に下山しました。


<下山後のこと>

 宿泊した吹上温泉白銀荘に向かいました。日帰り入浴600円のところ、宿泊者は300円に値引きしてくれるようです。残念ながら10時まで清掃中とのことだったので出発することにしました。



 富良野市街をとおり桂沢湖を三笠ICに向かいます。途中の桂沢湖にあった"桂沢観光ホテル"で温泉に入りました。かなり年季の入った建物で、地元の家族連れがいたりして、まったりと落ち着いた雰囲気です。値段は500円で昭和の雰囲気を味わえました。
 三笠ICから高速に乗り新千歳空港へ。途中、恵庭あたりで高速道路上の陸橋を陸自の装甲車両が横断して行きました。一瞬、61式かと思いましたが、そんな訳はなくって89式AFVでした。さすが北海道だなぁ。
 空港へは13時頃着きました。



 このあとに妻から依頼されていたおみやげを買いに歩き回ります。搭乗手続の開始まで1時間近く時間があったので、ザックや荷物は持ったまんま売店を歩き回りますが、全然、依頼されていたものが見つかりませんでした。山行以上に疲れてしまいます。
 諦めかけていたとき、「依頼の品その1:どうでしょうグッズ」を発見!購入しました。
 その後は入手の容易な「依頼の品その2:たこわさび」を探し回ります。こちらはどこでも売っている分、どの品が良いかを選択するのが難しいところです。水産品をメインに扱っている店を中心に探し回りました。
 と、その時、とある土産物店前に行列が出来ていました。間髪おかずに末尾へ向かい係員に確認すると・・・予感は的中!
 「依頼の品その3:じゃがポッコル」の列です。
 思いがけなく幌尻岳登頂以上に困難と思われていた「じゃがポッコル」を2箱ゲットすることができました!!
 このあと、たこわさびを購入してミッションコンプリート!!


<今回の山行のうた>


誰もいない一人だけの
山での運を確かめたくて
雲海の中をすり抜けてみたの
あえぐ急登のきびしさ
いきもできないくらい
はやくはやく
ふふーん ふふ ふーん ふふーふん
好きなんだもの
わたしはいま
ばてている♪
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

nousagi

どうして「一人だけの」に線がひかれているのかと思ったら、
わかりました~! 最高! 
by nousagi (2007-07-29 21:13) 

(^-^)

どうもすみません。十勝岳を登りながら頭に浮かんだ替え歌をそのまま載せてみました。なんとなく出だしの部分がしっくりこないので、帰宅してから
調べて修正したものであります。
「ふふーん・・・」の部分は何も考えつきませんでした。登高中に
脳に酸素が回ってなかったのかもしれません。今考えても何も考えつかないのですけどね。
by (^-^) (2007-07-29 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。