So-net無料ブログ作成

前武尊に行って来た。 [山ボード]

 この週末は妹が友人とバスでOGUNAほたかに行くというので、うちに置いてあるボードを現地まで届けに行くことにしました。
ここのところ残業続きだったので、リフレッシュのために温泉に一泊し、翌日は軽く山ボードをすることにしました。
 幸いなことにオグナほたかからは前武尊というメジャーな山スキーコースがあるのでした。(ただスキー場としては、山スキー&ボードは禁止という姿勢みたいなので、今回限りにしようと思います。)

  ほんで宿泊先として、一度も行った事のない(と、思う)老神温泉に泊まる事にしました。じゃらんとか楽天トラベルとか老神温泉旅館組合のサイトを見てハーベルハートさんという旅館を候補にしました。金曜日の夜まで土日出勤の可能性があったので、土曜日当日の朝に予約しました。
 http://www2.wind.ne.jp/herbel/

 

 宿に到着したらコーヒーを頂きましたがとても美味しかったです。また薪ストーブで焼いた焼き芋も匂いからして美味しかったです。
 洋風旅館ということで、一風変わった宿だと思ってましたが、もともとはかなり古くからある旅館だったそうです。昔の老神温泉は川っぷちにあったとか興味深い話を伺いました。

DSCF0016.jpg
 夕食も朝食もどれもこれも体に良さそうなメニューで品数も多くて美味しかったです。朝に頂いた玄米のまいたけ炊き込みごはんは、私の嫌いな玄米&キノコのコンボという苦手極まりない食材のはずなのだけど、美味しく頂けました。

DSCF0015.jpg
 建物も凝っていて面白い宿でした。

 で、明くる日曜日、オグナ武尊に向かいました。朝、モタモタしてたので先に到着していた妹を待たせてしまい申し訳なかったです。
 妹の友人はボード2回目とのことでしたがなかなかの逸材で、ボードを前後逆に履こうとしたり、それを指摘すると左右を反対に履こうとしたりと想像の斜め上をゆくミラクルを起こしていました。今回は妹達とは別行動なので残念でしたが、1回券を4枚づつ買って妻とゲレンデトップを目指しました。


DSCF0018.jpg
 一回券を3枚使ってゲレンデトップに到着しました。
 残った一枚を使って準備運動に一本滑ってから登高開始です。

DSCF0021.jpg
 さすがメジャーどころだけあってしっかりしたトレースが出来ていたので大分楽をさせて頂きました。それでも妻はしんどそーにしてたけれども。


DSCF0029.jpg
 トレースを外れてみましたが、平均してスネの中ほどでした。

DSCF0037.jpg
 木のコブです。いい天気だぜ。
DSCF0034.jpg
 妻は久々の山でお疲れのようでした。戯けて片足あげてポーズをとりましたが、この後コケてます。


DSCF0042.jpg
 前武尊まではガイドブック記載のコースタイムの1.5倍くらいかけました。。幾つものパーティーがいて盛況でしたね。

 このまま十二沢をゲレンデに戻るか、荒砥沢を回るか悩みましたが、天気もいいので荒砥沢に行く事にしました。


 で、荒砥沢を滑ってみました。やっぱ山はいいですねぇ。

 滑ってる間も登り返して来る方達が大勢いて、標高1800m程まで滑るとその先まで滑ってるシュプールが見当たらず。登り返す準備をしてるボーダー2人組にお聞きすると他の人はみんな登り返している模様。(荒砥沢本流の方に滑り込んだひとはいるかもしれないけど。)


DSCF0049.jpg
 雪がふかふかなので、下りといえどスノーシュー歩きが長くなりそうなので、初心者な私たちはやめておいた方が無難かと考えて、前武尊に向けて登り返すことにしました。やっぱ山はつらいですねぇ。

DSCF0058.jpg
 前武尊までの登りはしんどかった。今日はあまり登るつもりできた訳でないので精神的に応えます。前武尊まででヘバっていた妻はどうなるかと思ったけど、景色がきれいだったせいか、それほど辛くはなかったみたいです。
 他のパーティーは何度も登り返して楽しんでるようだったけど・・・・すげぇな。

DSCF0062.jpg
 稜線上を辿って前武尊に戻りました。
 前武尊からゲレンデまでも万全を期して始めのうちだけ沢沿いに滑りつつもゲレンデトップに戻れるように右手南側にトラバース気味に滑りました。最後は登ってきたルートに戻りスタート地点に滑り込みました。
 
 シュプールをみると他の皆さん十二沢の真ん中を下って第2ペアリフトの途中からゲレンデに戻っていた模様。
 出発地点のゲレンデトップに戻ったのは私たちだけだったみたい。ははは。


DSCF0070.jpg
 ゲレンデの途中のレストハウスで休憩しました。

 帰りは南郷温泉しゃくなげの湯に行きました。
 たまには変わったルートで帰ろうと赤城山の北側を栃木県側に出ました。

DSCF0072.jpg
 あこがれの渡良瀬橋に行ってみました。道路が混んでて思いのほか時間がかかりました。

DSCF0074.jpg
 ついたーっと思ったらそこは緑橋でした。

DSCF0090.jpg
 改めて一本下流側のこっちが正真正銘、渡良瀬橋です。

DSCF0096.jpg
 ここから夕日を見たかったのだけれど時間がかかってしまって、もう日が暮れてました。
 残念。
 あとで調べたら橋の北岸に歌碑もできてたそうですね。そっちにもいけばよかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。