So-net無料ブログ作成
検索選択

大雪山(2008.7.5)北海道旅行二日目 [登山の記録]

平成20年7月5日、妻とカヌーイストさんと3人で大雪山に登った。

<今回の主な持参装備>

夏の日帰り装備一式。

<行程>


2008/7/5
・ゆき ・かえり 
ロープウェー姿見駅   6:33
姿見池   6:53
旭岳山頂   8:36-
旭岳山頂  - 8:56
ロープウェー姿見駅  10:35




<内容>


DSCF1986.jpg
 朝飯用のおにぎりを受け取って5時半に出発です。
 今日は旭岳登山。ロープウェイの始発が6時だけど宿が近いところにあるので余裕です。


 ロープウェイの駅はすごく綺麗でした。レンタカー屋でもらったクーポンでちょっと割引できました。始発に乗りましたが平日なのに満員でした。
 ロープウェイの姿見駅で出発前におにぎりを一つ食べました。




DSCF1991.jpg
 ガスでほとんど何も見えない中で出発です。まずは木道で整備されたお花畑の中を歩きました。



DSCF2007.jpg
 ガスの中だけどたくさんの花が咲いていて綺麗でした。
 姿見の池で10人くらい連れたツアー登山のガイドさんから"15人くらいのグループを見ませんでしたか?"と訊かれました。どうやらはぐれたっぽい。恐ろしいことだ。



DSCF2027.jpg
 姿見の池をすぎると岩ゴロゴロの道です。岩の色が黒から赤になり白になり黄色になりまた赤になり黒になり…と変化があって面白い。




DSCF2032.jpg
山頂は残念ながら視界ゼロ。ツアー登山の人たちも登ってきて騒々しくなって来たので写真だけ撮って下山です。




DSCF2046.jpg
 7合目辺りまで下山したところガスが消え始め姿見の池や噴煙がよく見えてきました。すごく勢いがよくてバルサンたいてるみたい。




DSCF2059.jpgDSCF2067.jpgDSCF2075.jpgDSCF2107.jpgDSCF2108.jpgDSCF2112.jpg
 それからはすっかりガスも晴れて素晴らしいお花畑を堪能しました。
 下山後は湧駒荘の温泉で汗を流した。落ち着いた大人の雰囲気のお風呂でした。気持ちよかった。



DSCF2148.jpg
 翌日のトムラウシ登山のため移動します。
 遅めのお昼になったけどガイドブックに載っていた「朝日の当たる家」に寄っておいしい富良野オムカレーを食べた。




DSCF2152.jpg
 国道38号線には富良野市南部でメロン街道という愛称がついています。泊まった宿で教えてもらった嶋田農園を見つけたのでメロンを購入しました。




DSCF2162.jpg
 今夜の宿はトムラウシの麓の東大雪山荘。
 お風呂をあがった19時頃にロビーにいたら、トムラウシからの下山者がやってきた。なんと日没後に下山したらしい。コマドリ沢の雪渓の状況等を教えて頂きました。我々も明日、無事に戻ってこられるのだろうか。少し不安になりました。

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 3

nousagi

展望はなかったものの、お花はたくさんあって
楽しい山行ですね。
はぐれたツアーのメンバーは合流できたのでしょうか?

それにしても、花より何より気になるのは
美味しそうなオムカレーです。(^_^;)

by nousagi (2008-07-21 19:49) 

(^-^)

ぬーむ。
 山頂に行くよりロープウェー山頂駅付近を散策していた方が花も多かったし倖せだったかもしれないです。
 早いとこ百名山チャレンジは終わらせてあとはのんびりいきたいなぁと思う今日この頃であります。
 そして山旅に絡めて地元の美味しいものを頂くというのも欠かせないですね。
by (^-^) (2008-07-23 00:26) 

(^-^)

すみません、ツアーの方たちも合流された上で山頂まできたみたいでした。
ガイドのうちの1人が山麓で会ったときから山頂であった時まで鼻にティッシュを詰めていたのが印象的でした。
by (^-^) (2008-07-26 06:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。