So-net無料ブログ作成
検索選択

清里に行って旨いものいろいろ食って来ただ。 [旅行のことなど]

この土日で妻とともに清里まで一泊二日のドライブにいったこと。初夏の北海道以来、1人で出かけてばかりであったので、久々に妻と旅行することとなった。

妻がイタリアンを食べたいというので、本格イタリアンをキーワードに検索して出て来た宿にゆくことにした。

土曜日。所用と昼食を済ませ東京を昼に出た。

中央道には国立府中ICから乗ったので、調布基地も競馬場もビール工場も割愛することとなった。
高速道路は渋滞もなく快適であった。

道中はユーミンの曲を聴きながら。

須玉ICで降りて八ケ岳の麓をのぼってゆく。途中、道路端の広場で"かかし祭り"が行われていた。車を降りたらとても寒い。
もう秋なんだな。

見学者は我々と行き違いに帰っていった一名のみ。
運営側も誰もおらずなんだかもの寂しい雰囲気だけれど、コミカルな案山子達それぞれにシュールなコメントがついていてなごんだ。

道の駅の南きよさとで一休みのあと宿へ。ガストホフ コメット清里に到着。

雑然と所帯染みた雰囲気の出てしまっているペンションってありがちだけれど、この宿は清掃が行き届いているしゴチャゴチャしたところもなくよい雰囲気。

期待の夕食は謳い文句どおりの本格的なものであった。写真の撮り方がヘタだけれども実物はとてもおいしそうに見えて、おいしく頂くことができた。

明くる朝も、期待どおりのおいしい朝食。
部屋に戻ってから二度寝してのんびり出発した。

ますは清泉寮へ。定番のソフトクリーム、なかなか量があって二人で分けて食べたけれど満腹。

やまねミュージアムに行ったけれど、ホンモノのやまねは冬季のみ見学が可能とのこと。残念。
見る事ができるのは学校の文化祭のような展示物だけだけれど、ユニークな工夫が施されていた。

最近は、カレーがマイブーム。
昨夜のうちに携帯で調べたところによると清里あたりのカレーといえば次の3軒が有力か。

ロックのビーフカレー
アウルのインドカレー
ヴィラ・アフガンの英国式カレー

今回はアフガンのカレーを昼食にとることにした。

行列の出来る店ということで、30分ほど並ぶこととなった。

ベーコンエッグカレーと牛すね肉の煮込みカレー(それぞれ¥16k)、サラダ(¥0.8k)を注文した。

ベーコンやすね肉といった具の存在感がありすぎて困る。具が主役でカレーのルーが脇役になっている感じだった。
ルーももちろん美味しいのだけれど。

食後はリゾナーレ小淵沢を見学。1時半に長坂インターから帰ったが、渋滞にあわず順調に帰宅できた。

DSCF4925.jpg
かかし祭り。

DSCF4969.jpg
泊まった宿。きれいでした。

DSCF4947.jpg
夕食その1 前菜。手前はイカ。

DSCF4951.jpg
夕食その2 パスタ。

DSCF4954.jpg
夕食その3 舌平目。

DSCF4957.jpg
夕食その4 肉料理はチキンでした。

DSCF4959.jpg
夕食その5 デザート

DSCF4964.jpg
朝食。 この他にヨーグルトなど。

DSCF4978.jpg
アフガンの牛すね肉カレー。

DSCF4983.jpg
ベーコンエッグカレー。
ベーコンでかすぎ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。