So-net無料ブログ作成

赤城山でスノーシュー [登山の記録]

平成21年1月11日、連休の中日は妻と二人で赤城山、小沼でスノーシューをしてきました。




 朝6時に起きて出発。例年ならスノーボードに行くので2時起き、3時起きだけれども。
 いつもより遅く乗る関越道は散発的に渋滞があって参った。連休中の車の流れが悪いのは普段乗らない人が多いからでしょうか。板を積んだレンタカーもチラホラ多いようだし。
 渋滞にはまりそうだったので、高崎ICで下りて下道を使いました。

 前橋市街を抜け、山道を登って行くと赤城国際カントリークラブを過ぎた辺りから、道路上に雪が現れはじめました。ノーマルタイヤなのかスタックしている車や路肩でチェーンを着けている車も出て来たので、万全を期して赤城ふれあいの森の入口まで酢進んでからチェーンを着ける事にしました。チェーン無しでも登れない事はないかもしれないけど安心感が違いますね。
 ※我が家の愛車はFit 2WD スタッドレスはBS Revo2 3年目。

 まずは赤城第三スキー場(赤城山ビジターセンター)へ。目の前のゲレンデではソリ遊びをしている家族連れが沢山いました。ここで装備を整えてトイレを済ませておきました。再び車に乗って小沼の駐車場へ行くとハイキングやらスノーシューイングやら十数台の車が並んでいます。この駐車場のトイレは残念ながら使えませんでした。

 スノーシューを履いて駐車場からはものの5分で小沼のほとりです。実にラクチン。
 小沼の上を歩いてみたかったけれど、まだ氷が厚くはなっていなさそうなのでやめときました。
 取り敢えず小沼を一周することにしました。

 既に団体さん(スノーシューツアー?)が歩いていて、トレースはハイウェイ状態。ときどき湖畔に下りたりしてゆっくり歩きました。
 対岸の地蔵山がきれいでした。

 予定ではほぼ小沼を一周したあとに血の池へ行ってみようかと考えていましたが、疲れたので車道に出てそのまま駐車場に戻りました。所要1時間強のスノーシューイングでした。

 帰りも赤城ふれあい公園の入口までチェーン装備で下りました。行きにスタックしてた車のあった赤城国際CCあたりの日陰には更にスタックした車やらチェーンを付ける車やら巻き込まれた車やらで登り車線が二十台くらいの車で塞がっていました。こんなのに巻き込まれたら二進も三進もいかんな・・・。

 昼ご飯は、人生の楽園という番組で紹介されていたかふぇぎゃらりーみもざという店に行ってみたけれど閉まっていまして。 (http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen_2008/back/20080329/tsusin/1tushin.html

 車を適当に走らせて見つけたオーガニック・クック カフェ アウルというお店に行ってみました。
 日替わりランチ800円と野菜カレー700円を頼みました。
 前者は盛りだくさんの野菜で健康的なメニュー。後者も香ばしさの中に甘味(野菜によるものかな)の感じられる美味しいカレーでした。
 食後のコーヒーに付いて来た生塩キャラメルも美味しかったので買って帰りました。

 食事は美味しく値段もリーズナブルなので、また機会が有れば行ってみたいと思います。

 
 帰りは高坂SAで洗車して、鶴ヶ島JC先で分離帯への自爆事故渋滞に巻き込まれつつ帰りました。




 


akagi1.jpg
 小沼に下りてゆくところ。

akagi2.jpg
 ちょっとばかし湖面を歩いてみる、おそるおそる。

akagi3.jpg
 地蔵岳の山頂付近は霧氷かな。

akagi4.jpg
 天気がよろしゅうござんした。

akagi7.jpg
 カフェ アウルさん。

akagi5.jpg
 妻の頼んだ日替わりランチ。この他にスープ、サラダ、お新香にコーヒー付いて800円。

akagi6.jpg
 私の頼んだ野菜カレー。野菜は煮込まれていて何が入ってるのか私なんぞにゃわからんけども。美味しいです。

akagi8.jpg
 外は雪景色、山々もよく見えました。
nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

nousagi

一面の雪景色、きれいですね。
私はスノーシューの経験はないのですが
難しいのでしょうか?

それにしても、こちらのページにはいつも美味しそうなものが(笑)。
by nousagi (2009-02-05 18:02) 

(^-^)

どうもです。最近カレーにはまっているので、画像に占めるカレー率が上昇中であります。

 スノーシューは足に履いて歩くだけなので、技術的には実に簡単であります。
 とはいえ、新雪や深雪だとそれなりに潜ってしまうので、体力的にきつい時もありますけども。

 一度ツアーなどに参加して体験されてはいかがでしょうか。ガイドさんにいろいろと教えてもらいながら歩くと、体力的な辛さを感じることなく知識も増えて一石二鳥ですよ。
by (^-^) (2009-02-08 21:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。