So-net無料ブログ作成
検索選択

月山(2009.5.4) [山ボード]

 平成21年5月4日、月山へ1人で山ボードをしに行きました。コレで百名山は97個目です。
往復4時間でしたが、久々の山行で疲れました。

 もともとこのGWは、昨秋に途中で撤退した薬師岳まで小屋1泊の山ボードに出かけようと計画を練っていましたが、北陸方面の予報が芳しくないので、東北に転進しました。

<行程>


2009/5/4
・ゆき ・かえり 
姥沢駐車場   5:10
リフト終点   6:12
牛首の上(標高1800mあたり)   7:46
月山山頂  8:15-
月山山頂  -8:21
牛首の上(標高1800mあたり)   8:34-38
リフト終点   9:05
姥沢駐車場   9:20




<今回の主な持参装備>

スノーボード、ストック、アイゼン、ピッケル
※太字は使用したもの


<山行内容>


DSCF7109.jpg

 5月4日へと日付けが変わる頃に東北道に乗りました。月山ICまで全く渋滞は無く順調でした。

 高速を下りてからコンビニで朝食を買おうと考えておりましたが、コンビニや商店などありませんでした。
 そのためにおやつ&行動食用の黒棒を朝食に転用しました。ちゃんと事前に調べておかないとな〜。
 なお、駐車場のトイレは立派な水洗式で更衣室もあります。備え付けの紙は無かったけど。
 
 5時過ぎに駐車場を出発です。当初はリフトに乗ろうと考えておりましたが、予定よりも大幅に早く着いてしまったので、自力で登ることにします。



DSCF7111.jpg

 リフトの西側の林間を登りました。幾つかの古いトレースが有りました。リフトに乗らずに歩く人もそれなりにいるみたいでした。



DSCF7116.jpg

 1時間ほどでリフトの山頂駅に着きました。ここでやっと月山山頂を見る事ができました。ガスも無く風もなし。高曇りだけど、まずまずの天候だと思います。




DSCF7117.jpg

 牛首という鞍部を目指して、姥が岳の山腹を巻いてゆきます。獲得した高度を失わないようにトラバースしてゆきました。



DSCF7118.jpg

 今にして思えば、トラバースだと尾根状と沢状の地形に沿ってクネクネと歩くのことになるので、歩行距離が長くなってしまいます。一旦、沢に下りてでも牛首を目指して直線的に進めばよかったかも。



DSCF7120.jpg


 牛首を通過して標高1,800mあたりのブッシュにスノーボードをデポして軽く休憩をとりました。これより先は急斜面となり、私には滑るのは難しそうです。
 画像はその恐怖の急斜面の途中から振り返ったものです(画像の右側やや下に伸びているブッシュがデポ地です)。この急斜面の雪はやや堅めでしたが、登山靴のままキックステップで登ることができました。
 一旦、夏道に入って再び雪の斜面を進むと鍛冶小屋で、そこから程なくして山頂の一角へと至ります。



DSCF7124.jpg

 山頂には小屋と神社がありますが、雪が高く積もっていて、山頂を示す標識の類いは見当たりませんでした。
 眺望もあまり良くないので早々に退散しました。

 まずは、デポ地までの急斜面を立ちグリセードで下りました。登り&立ちグリでスノーボードでの滑降の前に足がパンパンになってしまいました。

 デポ地からスノーボードを履いて滑り出します。人工ゲレンデは考えられない解放感の中の滑りはあっと言う間です。ほとんど谷の真ん中を滑り、立ち入り禁止の竹旗のある辺りまで。そこからリフト山頂駅へと15分かけて登り返しました。
 月山スキー場内は足がヘロヘロでまともに滑ることができず恥ずかしかったです。




<下山後のこと>



DSCF7153.jpg

 予めご飯の美味しいところだとか温泉だとかを調べておけばよかったのだけど、その辺りのことは全くリサーチしていなかったので、行き当たりばったりになってしまいました。

 とりあえずは翌日の鳥海山を目指します。途中で日帰り350円で入浴できるという象潟シーサイドホテル(HPはこちら)を発見。施設は古びているけどぬるっとした茶色のお湯でなかなか良かった。
 その後は象潟で九十九島を見たり、白瀬南極探検隊記念館(HPはこちら)を見たり、ラジバンダリ。郷土のプチ有名人のちょっとした遺品とか飾ってあるだけだろうなとタカをくくって入ってみたけども、びっくらこいた。
 南極探検用の雪上車や帆船のカットモデルだとか力の入れ方が半端でない。建物だって黒川紀章の設計らしい。
 白瀬中尉は地元では相当な愛され方をされているようだ。ただ、目玉のオーロラ実写映像の上映は画質が悪くて(youtubeよりも・・・)、今イチ。




DSCF7171.jpg
写真の撮り方がへたくそでよく見えないけれど、巨大恐竜三頭の後ろに鳥海山が顔をのぞかせています。




DSCF7184.jpg

 月山下山後に電話して予約したユースプラトー(HPはこちら)
 泊まり+夕食で5,700円でした。お風呂は温泉じゃないけど、ヤングヴィーナス使用。



DSCF7185.jpg

 夕食です。食前に併設の「高原の駅」で生ビールをかっくらっていたので、お腹いっぱいになってしまいました。
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。