So-net無料ブログ作成

白馬鑓温泉(2011.10.9-10) [旅行のことなど]

一泊二日で白馬鑓温泉に行ってきました。

 三連休の二日目、三日目で山に行く許可をもらえたので、白馬鑓温泉に行ってきました。
 この時期、小屋は閉まっているので幕営のみとなります。今年は大変な人気らしく私の泊まった晩は約30張のテント。その前の晩も同じ位張られていたそうです。

 初日は約15年振りのテント泊での山行ということもあり、重い荷物に耐えられるか不安だったので、早めに出発しました。紅葉の秋晴れの中、気持のよい山歩きでした。途中の山腹のトラバースは高度感があって怖かったけれど。


 
 二日目は、露天風呂から日の出が見られるかと思っていましたが、果たせず早々に下山しちゃいました。
 連休のUターン渋滞が始まる前に帰宅できたので、山道具の手入れをしたあと、高田馬場のイベントにトーマスが来るらしいのでお出かけをしました。

 充実した二日間でありました。例によって体中が痛いです。

10/9
  6:36 猿倉
 8:22 小日向のコル
 9:54 白馬鑓温泉

10/10
 5:43 白馬鑓温泉
 6:49 小日向のコル
 7:54 猿倉



1.jpg
 9日深夜に出発、ガラガラの高速道路を走り、長野ICを下りたほど近くに24時間営業のマクドナルドがあるので、そこで朝ご飯。
 途中、八方第5駐車場でトイレ休憩。白馬三山のモルゲンロートを見ることが出来ました。


1.jpg
 6時過ぎに猿倉駐車場について登山の準備。ビール500缶を2缶、焼酎若干のほか、白馬鑓温泉に水場があるかどうか確信が持てなかったので2リットルの水を持ってゆくことにしました。
 久しぶりの幕営装備だったので荷物をとても重く感じました。
 猿倉山荘で登山計画書を提出して出発しました。


2.jpg
 一旦、林道に出て程なくして、白馬鑓温泉への分岐となります。小日向のコルまで標高差約600mの登りで色づいた木々の中の気持ちよい登りです。
 尾根道となり道が左手の南方に沿って山腹を巻くようになると、幾つかの沢を横切ります。手持ちのガイドブックでは飲用可とのことでした。

2.jpg
 中山沢を過ぎ小日向のコルへの登りにとりかかります。急な登りですが、振り返る度に景色が広がってゆくので振り返り振り返り登ってゆきました。

3.jpg
 小日向のコルの手前は湿原状になっていて、白馬三山がきれいに見えました。

3.jpg
 小日向のコルを過ぎると目指す白馬鑓温泉が見えてきます。秋の空が気持ちよかったので真上を撮ってみました。

4.jpg
 一旦、道は下りとなり、池を過ぎてからはまで緩いアップダウン。その先は杓子沢を過ぎるまで急な斜面のトラバースが続きます。幾つか飲用できそうな水場がありましたが、この道は高度感はあるし細いし怖かったです。

5.jpg
  特に杓子沢を木橋で渡ってから小尾根を回り込むのですが、頭上に岩がのしかかっているのでザックがつかえてしまいそうで恐怖でした。

6.jpg
 更にトラバースは続き、樹林帯やザレ場を通過して行きます。

4.jpg
 鑓沢も木橋で越えます。

5.jpg
 3つ目の木橋を過ぎると鑓温泉まで草付きの急登です。

7.jpg
 到着してまずはテントを設営しました。毎年来ているという常連さんによると今年は特に人が多いとのこと。

8.jpg
 露天風呂に入って持参した二缶のビールをすぐに空けてしまうと、もうやることが無くなってしまいました。
 今回の食事メニューですが、昼飯は持参したコンビニのおにぎり、夕食はアルファ米の炊き込みご飯、朝食は夕食の残りに雑炊の素を入れるだけと非常に質素なものでございます。
 温泉には日中、夕刻に入り就寝しましたが、深夜に目が覚めたので更に入浴しました。

6.jpg
 懸念していた水場ですが、温泉から更に白馬鑓ヶ岳方面に10分ほど登山道を歩き、右手から小滝が流れこむ辺りで水をくむ人が多い模様。
 その水場から更にヒューム管が上に延びているので、更に登山道を登ってゆくと再び同じ小沢を横切ります。ヒューム管はそこまで延びていたので山小屋もここから水を引いているのかもしれません。ただ、本当に飲めるかどうかは分かりません。私は煮沸して食事を作るのに用いました。

9.jpg
 起床には朝食を取り、テントを撤収、パッキングして、日の出見物のため入浴。
 東の空が明るくなりきれいな朝焼けが見えました。肝心の日の出ですが、南東の尾根に遮られた向こう側が最も明るかったので、どうせ見えないものだと早々に諦めて、下山することにしました。

10.jpg
 帰りに見た紅葉の方がより鮮やかに感じましたが、画像を見ると余り変わらない。行きに比べてお酒と水が軽くなっているので、多少は足取りも軽く、8時頃には下山できました。
 帰りの高速も混雑はなくお昼頃には帰宅できました。

11.jpg

 
 

nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

nousagi

山行きのお許しがでて(笑)
よかったですね。
by nousagi (2011-10-11 11:11) 

(^-^)

年々、山にいくことが難しくなりそうですが、今回の山行のために就寝用のマットを新調しちゃまいました。使わないともったいないけどこれからの時期泊まりにいくのはさむいし悩ましいです。
by (^-^) (2011-10-13 07:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。