So-net無料ブログ作成

浅間山(前掛山)(2011.10.18) [登山の記録]

 平成23年10月18日、義父と浅間山に行ってきました。
 小諸市側、天狗温泉からの湯の平コースです。登山規制のレベルが1ということで、前掛山まで行く事ができました。
 義父にとっては約2年ぶりの山歩き。とはいえ、還暦過ぎてもフルマラソンを完走するので、最後まで余裕で行って帰ってこられました。

<行程>


2011/10/18
・ゆき ・かえり 
天狗温泉浅間山荘   7:21
火山館   8:50-9:02
前掛山山頂   10:35-
前掛山山頂  -10:58
火山館  12:05-12:30
天狗温泉浅間山荘   13:41




<アプローチ>


 早朝、出発。上信越道、横川サービスエリアで朝食を取りました。
 小諸インターで下りて、ナビの指示通り直進したらコンビニがなくて困りました。左折して一旦チェリーラインに出た方が良かったです。
 
 浅間山方面がどんよりと曇っているのが気になるところでしたが、7:00過ぎに天狗温泉浅間山荘に到着すると陽が差してきました。駐車料金500円を払いました。
 登山口には水洗トイレと登山届を入れるポストがあります。この登山口辺りは紅葉が真っ盛りでした。



<山行内容>


 登山口で登山届を投函し出発です。
 蛇堀川右岸の林道を進みます。一旦、左岸を歩き、右岸へ戻り、再度左岸にへと3回橋を渡ると登山道に入ります。

 落葉広葉樹の中の幅が広めの歩きやすい道でしたが、紅葉は終わりつつある感じで、落ち葉を踏みしめての歩きです。

 一の鳥居で蛇堀川に降り立ちます。
 ここでルートは、
   1 右岸に渡り、二の鳥居に直行するルート
   2 左岸を進み、不動の滝を経て、二の鳥居へ至るルート
 と二手に別れます。行きは前者を取りました。

 右岸のルートは、はじめはちよっとした急な登りですが、その後は下生えに熊笹の生えた明るい樹林帯をゆるゆると登ってゆきます。

 二の鳥居で、不動滝からのルートを併せると、カモシカ平まで急な登りで高度を上げることにになりますが、この辺りから葉が黄色く染まったカラマツ林となり、疲れを癒してくれました。対岸や牙山の紅葉、頭を覗かせたトーミの頭がとてもきれいでした。
 特にカモシカ平は傾斜が緩やかになり気分が楽になります。草原に立つ黄色いカラマツだのをシャッターに収めているとなかなか先に進めません。

 一旦、樹林帯に入り高度を上げると硫黄臭が漂い始めます。樹林帯を一旦出ると蛇堀川の源頭部に至ります。落石に注意しながら左岸に渡れば小諸市営の火山館、無料の登山者休憩所です。

 火山館にはトイレも水場も備えつけられています。火山館前にはベンチもあって格好の休憩場です。何より周囲の唐松が真っ黄色に色づいているし、周囲の景色は見事だし、紅葉の季節には山を登らずともここを目的地にしてもいいくらいだと個人的には思います。

 火山館を後にして先へ進みます。左手から外輪山から下りてくるルートが合流した辺りは、牧歌的な風景でアルペンチックな第2外輪山の遠景もあいまって、日本離れした風情が印象的でした。

 樹高の低くなったカラマツ林の中をゆるゆると進みます。Jバンドへのコースの分岐までは殆ど平坦な歩きです。その先は登るにつれて樹高がどんどん低くなり、森林限界へ達します。

 森林限界からは浅間山中腹を時計回りにぐるっと回り込むように登っていきます。そのおかげで単調な円錐形の浅間山の第1外輪山の登りですが、さほどの急傾斜でもなく淡々と高度を上げられました。単調な登りですが高度計とにらめっこです。
 火山の山の印象として、登山道上でも浮き石やらゴロゴロと歩きづらかったりするものですが、ここ浅間山の登山道はよく踏まれていて、火山の割りには歩き易いと感じました。

 稜線というか第1外輪山の火口壁の縁に達しますと、白馬から鑓穂高が浮かんで見えました。

 肌寒くも感じながら、稜線をたどり、前掛山に達すれば、乗鞍、中ア、蓼科から八ヶ岳の後ろに南ア、奥秩父の後ろに富士山と、中部山岳地帯が雲の上に浮かんでいました。絶景です。あまり興味の無かった浅間山でしたが、感動モノでした。

 登山規制のなされている浅間山本峰にブルドーザーが上がっていました。観測かな。工事なのかな・・・規制が解除されたら、火口を覗きに行けるのに。

 吹きっ曝しの独立峰の山頂は、陽が差しても寒く感じました。
 ただ、居合わせた人によると地面が地熱で暖かいよ、とのこと。触れてみれば確かに暖かい…日差しのせいかと石をひっくり返して裏を触ってもやはり暖かかったです。

 山頂から下りましたが、数日前にテレビ東京でこのコースを放映していたので、その影響なのか、とても多くの人が登ってきていました。

 再び火山館に至り、そこで昼食をとりました。ちょうど麓から標高約2、000mのこの辺りまでガスが上がってきていて幻想的な光景でした。

 二の鳥居まで下り、帰りは不動の滝を経るコースを選びました。つづら折れの急坂を下ると全く期待してはいませんだしたが、なかなか立派な滝でした。全く同じルートを下るよりも、こういったアクセントがあるのは嬉しいですね。
 左岸を沢沿いに下り、右岸に渡ると一の鳥居です。

 朝よりも陽が差して、広葉樹林の中の下山もとても心地よいものでした。

 天狗温泉に帰り着き、温泉に入ってから帰途につきました。

 赤外線の温泉は、これぞ温泉とも言うべき個性の強いもので、天候に恵まれた山歩きの良い締めくくりとなりました。この温泉だけを目当てに来ても良いかもです。



<画像です。>


asa1.jpg
asa2.jpg
asa3.jpg
asa4.jpg
asa5.jpg
asa6.jpg
asa7.jpg
asa8.jpg
asa9.jpg
asa10.jpg
asa11.jpg
asa12.jpg
asa13.jpg
asa14.jpg
asa15.jpg
asa16.jpg
asa17.jpg
asa18.jpg
asa19.jpg
asa20.jpg
asa21.jpg
asa22.jpg
asa23.jpg
asa24.jpg

 
nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

nousagi

テレビでやっていましたね。
行きたいと思いましたが・・・。
もう紅葉は終わりになるんですね。
天狗温泉、ぜひ入ってみたいです。
by nousagi (2011-10-20 17:25) 

(^-^)

実は私もテレビで見ました。
山行前日に急遽、会社を休める事になりまして、ちょうど義父がうちに来ていたので誘った次第です。
そんな訳で、義父は普段履きのスニーカーで登ることになった次第です。

天狗温泉は、日本一赤い温泉という触れ込みらしいですが、確かにその通りで入り応えのあるお湯でした。タオルが赤く染まります。
by (^-^) (2011-10-25 00:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。