So-net無料ブログ作成
検索選択

焼津と御前崎 [旅行のことなど]

月曜日に休みが取れた。日曜からの一泊二日で家族4人で静岡旅行した。 日曜の朝食後に自宅を出発した。
 休日の下りなので東名も渋滞がなく順調に進み11時過ぎに足柄SAに寄ってトイレ休憩とした。
 ちょうど下の娘の授乳タイムとなったので、その間息子と私はSA二階の足湯に浸かったり、鬼ごっこをして時間を潰した。ここでお昼ご飯にしても良い時間だったが、せっかくなので新東名のSAでご飯を食べたいと思い、出発した。
 車中で息子のお気に入りの帽子を落としてしまっていた事に気づいたが後戻りできないので先に進んだ。

DSC01810.JPG

 駿河沼津SAにて昼食を取ることにした。「しおや」というレストランで、妻は牛タン定食、私は牛タンカレー、息子はお子様ランチを頼んだ。牛タンメインの店であまり静岡らしいメニューがない。 
 フードコートならメニューの選択肢は増えるが、休日の下り路線にも関わらず混雑していた。

DSC01800.JPG

 新東名は路面が荒れておらず走り易かった。清水あたりで旧東名に戻るとその違いは明らかだった。
 宿泊地の焼津インターまで東名を走った。

 今回は焼津グランドホテルに赤ちゃんといっしょプランでの宿泊。
 今回は家族が4人になって初めての旅行になるが、前回の泊まりでの家族旅行は昨冬の那須だったので実に久方ぶり。

DSC01827.JPG

 部屋は駿河湾を一望し富士山も左の方に見える景色のよい宿だった。
 3つの大浴場に男女入れ替えで入ることができ、それぞれにいくつものお風呂があるので息子は大喜びだった。更衣室にベビーベットもあった。
 
 夕食は食事処だったが、隣も2、3歳児くらいの家族連れ。子ども連れをまとめて配置したようでありがたい配慮だった。
 食事は一品一品出されるスタイルだった。息子は食事にかなりの時間がかかるのでちょうどよかった。品数はあれど量的には少々物足りない気もした。
 
DSC01878.JPG

 翌朝、息子と私は大浴場から日の出を楽しんだ。妻も授乳しながら部屋から日の出を見ることができた。
 この焼津グランドホテルの他に二軒ほどのホテルが岬の上に建ち並んでいるが、どこもこの景色が売りなんだろう。

DSC01938.JPG

 朝食はバイキング。子連れだと好きなものを取り分けできるのでバイキングは便利だと思っていたが、親二人に子二人になってしまうと子どもの面倒を見ながら料理を取りに行くのが忙しない。子どもがもう少し大きくなれば便利なんだろうけども。

 赤ちゃんプランはチェックアウトが11:00なので朝食後もお風呂に入ったりのんびりしてから出発した。

 目的地は「喜びも悲しみも幾年月」という映画をDVDで借りて観てからどうしても行きたくなった御前崎。

 焼津インターから東名を一区間だけ乗って吉田インターから国道150線を行った。
 吉田インターから旧相良町に出るまでは郊外型の店舗が建ち並び車の流れが悪い。思ったよりも時間がかかってしまった。

 御前崎なぶら市場の先にある御前崎マリンパークには大きな滑り台がある。息子は朝から「滑り台にいきたい」と行っていたので車を降りたが、かなりの強風で妻と娘は車中に残ることになった。
 駿河湾の先に富士山がぽっかりと浮かび、絶景の中の巨大滑り台は何とも迫力があった。実際には滑りが悪く手で手すりを漕いでいかないと先に進まないのが玉にキズ。更には滑り台の降り口のところが前日の雨で濡れており息子は不機嫌モードに陥った。
IMG_3340.JPG

 御前崎灯台に向かったがナビに誘導され、御前崎グランドホテルの先の海岸沿いの市営無料駐車場に一旦到着したが、灯台までは急坂を徒歩で登らなくてはならないので、ナビをセットしなおして岬の上の集落の細い道を抜けて灯台の入り口まで車で向かった。
 「なぎさ」という土産物屋の女性がニコニコと指し示してくれたスペースに車を止めた。「買い物すれば無料」というパターンかと思ったが何も言われなかった。店を覗いてみれば貝殻だとかを安く売っていたので、子ども用のホラ貝の笛を息子に買い与えた。せっかくだからもっと買い物すれば良かったかな。
 大人一人200円を払って灯台に入った。敷地内には「喜びも悲しみも幾年月」の歌碑があった。来て良かったと思った。
 
DSC02066.jpg

 灯台の中は螺旋階段を登る。息子は探検気分で楽しいようだった。私は携帯で「喜びも悲しみも幾年月」をBGMに流して感動に浸った。螺旋階段を終えハシゴで狭い穴を潜り抜けると頂上?に達する。妻は赤子を抱っこしながらなので辛そうだった。
 灯台からの景色は言葉では説明しきれないすばらしいものだったが、風が激しすぎるのですぐに降りた。
 降りきったところで妻が看板を指し示した。乳幼児の入場は禁止されていた。マズイ。

 灯台見学のあと、"海鮮料理 みはる"で昼食を取った。私は生しらす丼、妻は刺身定食、息子には天ぷらの盛り合わせを頼んで妻の食事から取り分けをした。刺身の食感も味もスーパーで買った魚とは比べられない。
 座敷で娘にも授乳をして帰途についた。

DSC02107.JPG

DSC02111.JPG

 相良牧之原インターまで相良バイパスを通ったが、信号もなくカーブを潜り抜けるたびに海が見え、富士山も見え、茶畑も広がり、バイパスから東名道に直結しているし、実に快適だった。
 焼津から御前崎に向かうのに国道150線を使ったが、あまり海の景色も見えないし混んでいるので焼津から東名道、相良バイパスを使った方が良いと思った。

 東名から新東名に入った。海側の眺望は無かったが山を越える度にどんどんと近づいてくる富士山の姿が印象的だった。

DSC02118.JPG

 駿河沼津SAで給油、トイレ休憩。
 さらに足柄SAで休憩。前日に下り線SAで落とした帽子が見つかり、職員の方が上り線のSAに届けてくださっていた。実にありがたい。ここで土産物を買い、娘の授乳を済ませた。

 一路、東名を都内へ向かった。息子の吹きならすホラ貝を聞きながら東名道は順調に走り抜けた。首都高に入ってから渋滞に遭遇した。
 18:00頃に下道に出てから自宅までに想像以上に時間がかかってしまった。平日の夕方はかなり混雑するようなので次回以降の課題としたい。
 
nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

nousagi

だいぶお久しぶりですね~。(^^)
すっかりマイホームパパですね。
でも、子供さんにとっては
この時期、しっかり面倒を見てあげた方がいいですから
頑張ってください。
そのうち、ず~っと先でしょうが
嫌でも離れてくれることになるでしょうから
そしたら、ゆっくりまた山にでも。(^^)
by nousagi (2012-12-06 11:52) 

(^-^)

ご無沙汰してます。
世間では子連れでハイキングをされる方も沢山いらっしゃいますが、日々ただ育てるだけで精一杯で、ちょっと近所へのお出かけするにも一苦労であります。こんなに大変だとは思いませんでした・・・
by (^-^) (2012-12-18 21:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。