So-net無料ブログ作成

なつのなす旅行 [旅行のことなど]

8月に那須に旅行に行きました。
4歳の息子と1歳になったばかりの娘を連れて、二泊三日でエピナール那須という宿に泊まりました。
赤ちゃん連れや子ども連れに大人気の宿という事でなかなか予約が取れず。
8月に入ってからはホテルのHPで空き状況を確認しては満室との表示に落胆する毎日でした。

幸いにして出発二日前に空きが出たので、すかさず電話予約をしました。
初日
午前中に出発。途中の佐野SA(こども向けの設備が充実したレストラン有り)で昼食を取りたかったのですが、子どもが二人とも寝ているので先に進み、上河内SAで昼飯としました。
敷地脇の草地で虫取り網を貸し出していたので、食後に息子と一緒にバッタを捕りました。
昔捕った杵柄で首尾良く何匹か捕らえることはできたものの、私も今となっては大の昆虫嫌いで、捕らえたバッタが飛び上がるのを見て奇声を上げて逃げ回る始末。
息子の深層意識にしっかりバッタは怖いものだというトラウマを刻み込んでしまいました。

14時頃にホテル到着。チェックアウトの開始は15時からでしたが、手続きは先に済ませることができました。
荷物を預けて家族4人でプールへ行きました。娘にとっては初めてのプールです。妻から少しでも離れると不安気でちょっと怖かった模様。

チェックイン後は館内のプラレールのイベント場で遊びました。こちらは宴会場に巨大なプラレールのジオラマが置かれ、子ども達も車両を借りて思い思いのレイアウトを作ることができました。電車好きな息子はもとより、畳敷きなので歩き始めたばかりの娘もお散歩できてご機嫌でした。

夕食はバイキング。私はさっそく生ビールで喉を潤しました。ふと卓上のメニューを見ると1,480円で飲み放題とのこと。ウェイターさんにお願いしたら快く飲み放題に切り替えてもらえました。
満室だけあってバイキング会場内も人が多めでしたが、美味しいメニューばかりですし、こども自身が食器や料理を取れるようなスペースもあって非常に満足しました。

夕食後、息子と私でオプションツアーの「夜の森探検教室」に参加しました。
飲み放題だったので私はほろ酔い状態。
バスで30分ほど移動してから、総勢約20名で夜の雑木林に突入。5分ほど進んだのちに懐中電灯、ランタンの灯を消すと辺りはまっくらで、風と木の葉の音しか聞こえなくなります。この消灯時間は3分間とのことでしたが、もっと長い時間だったように感じました。
さらに森の中に進み、滑り台とブランコのついたツリーハウスで遊びました。懐中電灯とランタンだけの心細い光だけで周囲は真っ暗なのに、子どもたちは怖がることもなく無邪気に遊んでいたのが印象的でした。
たまたま、ツアーガイドさんの名前が息子の名前と一緒で、帰りのバスでも二人はすっかり仲良くなっていました。


二日目
明くる朝、子ども達二人が眠っていたので、妻は一人でゆっくり温泉に入りに行きました。
戻ってきたら、起きてきた息子が、僕も温泉行きたかったとぐずりだし、妻は息子を伴い再び大浴場へUターン。
旅行に来ても妻はなかなか休めません。

朝食もバイキング。早い時間に会場に行ったので空いていましたが、食べ終わって出るころには入り口は長蛇の列でした。
混雑期はなるべく他の人と動きが重ならないようにするのがコツみたい。

午前中に、妻と息子でプールに行ったあと、付近をドライブ。
ホテル近くの讃岐うどん屋さんで「うどん匠人 岡本」に行き昼食。暑い時期にさっぱりしたうどんは美味しかったです。

再び車を走らせるうちに息子はお昼寝してしまったので、もみじ谷大吊橋へ行きました。
私はチャイルドシートから息子を起こさないようにそぅっとだっこ。そのまま遊歩道を歩き、吊り橋へ。
吊り橋の真ん中で息子を起こしました。さぞかし驚くだろうと(さらには恐れおののくだろうと)期待していましたが、
息子は「ぜんぜんこわくないよ。」と平気でした。バカなんだなぁ。

天気が下り坂だったので早々にホテルへ戻りました。
妻がエステに行ってる間、昨日同様に3人でプラレール会場で遊びました。
この日の夕食後もオプショナルツアーに息子と参加する予定でしたが、息子も遊び続けて疲れ果てていたので、キャンセルしました。

三日目
朝食のあと、妻と息子でプール。スイミングスクールで息子の苦手な課題を妻が特訓してました。
本来、私が厳しく息子に仕込めばよいのですが、ついつい甘やかしてしまうので、妻には申し訳ないところです。

妻と息子がプールで特訓の間、私は館内で、娘と歩く練習。
実はこの旅行で初めて靴を履かせて歩かせたのですが、初日は数m進んでは転んでしまったのに、三日目ともなればスイスイ歩けるようになりました。
人気のないスペースで練習していましたが、時折通りかかるホテルのスタッフの人が優しく声をかけてくれました。子連れに評判のホテルだけあって、従業員の方が皆さん親切でありがたかったです。

このホテルでは子ども向けにいくつものサービスがありましたが、中でも気に入ったのは、ホテルの従業員の方に名刺をもらって集めると景品をもらえるというもの。息子が「名刺ちょうだい」と言うと、従業員の方は息子に名前をたずねます。ただ名刺を上げるのではなく、子どもに名乗らせようとする点に感心しました。はじめはモジモジしていた息子も、だんだんと自ら名乗ってから名刺をねだるようになりました。

チェックアウトした後は、どこで昼食を食べようかと携帯をいじくり、敷地にツリーハウスがあるというLiccaというイタ飯屋さんに行きました。
前菜3品にチーズリゾットもしくはピザで諭吉さん約2枚というお値段の割にはっ・・・て感じだったので再訪することはないと思いますが、妻がたまにはこういう雰囲気の良い店で食事するのも良かったよと言ってくれたので救われました。

昼食をとってどこにも寄らずに那須を出たので、渋滞なしで帰宅できました。

長年あちこちに出掛けてくれた愛車フィットくんとの最後の旅行でした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。